給食が「マズすぎる」食べ残す生徒続出 町が改善に

給食が「マズすぎる」食べ残す生徒続出 町が改善に

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/16
No image

動画を見る(元記事へ)

神奈川県の町立中学校で、「味が良くない」などと給食を食べ残す生徒が続出していたことが分かった。ご飯やおかずの半分以上が食べ残されたこともあり、町が改善に乗り出した。

これはある日の給食直後の写真。大量に残った野菜。ほとんど手が付けられていないプレートもある。別の日の給食。完食したのはわずか1人。食べ残しが続いているのは神奈川県大磯町の2つの中学校。給食を始めた当初から冷めた肉の脂が白く固まって見た目が悪い、味付けが薄いなど不評だったという。食べ残しの割合は全国平均の約4倍。半分以上が食べ残される日もあるなど異常事態が続いていた。
なぜ、これほど給食の味は不評なのか。そもそも、給食の献立は町職員の栄養士が作り、神奈川県綾瀬市の業者に調理を委託している。業者は車で45分ほどの距離にある中学校へ配送しているという。
大磯町に給食を提供する業者:「細菌の発生を防ぐために調理後は 20度以下に冷却するなどしているので、どうしても冷めて味が落ちてしまう」
生徒の反応はというと、半数は完食したものの10人はほとんど手を付けていない状態だった。町は、今月から野菜を温かい汁物に加えるなど改善を図っている。また、弁当を持参できる選択制の導入も検討し、食べ残しを減らす努力をしていくという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゲームを邪魔され激高?母親の目の前で父親“刺す”
皇太子ご夫妻、非行のない社会目指す運動の記念式典に出席
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
ゲーム中「ご飯だよ」に激高 息子が父親刺し死亡
ガラスの壁を破り...「イオンモール」に車が突っ込む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加