池袋にロボットアニメに親しんだ団塊ジュニアのための秘密基地を発見!

池袋にロボットアニメに親しんだ団塊ジュニアのための秘密基地を発見!

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/15

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆ロボットアニメを視聴しながら作品にちなんだメニューを味わう新感覚の居酒屋

バンダイナムコグループのバンプレストと、プロモーション、商品企画などで実績を持つレッグスが、全国で居酒屋チェーンを展開する養老乃瀧と組んで、キャラクターやアニメ作品などのコンテンツ活用した「映像居酒屋 ロボ基地」が池袋南口にオープンした。

No image

ワンタイム配信サービス「BANDAI CHANNEL TOUCH」を使用したロボットアニメを、手持ちのスマートフォンやタブレットで視聴しながら、各作品にちなんだメニューやロボ基地オリジナルメニューを楽しめる。さらにオリジナルグッズの販売エリアもあり、まさに大人のための秘密基地のような居酒屋だ。入口付近や店内にも配信作品にちなんだロボットアニメのポスターやプラモデルがディスプレイされ、懐かしい気分になること間違いなし。

No image
No image

現在の配信作品は「機動戦士ガンダム」「勇者ライディーン」「超時空要塞マクロス」「装甲騎兵ボトムズ」「六神合体ゴットマーズ」など全18作品。コンテンツは3か月をめどに変わる予定だという。

No image
No image

「全国で飲食業は67万店、24兆円という巨大な市場だが、年々規模が下がっている厳しい状況。飲食業の4軒に1軒は居酒屋であり、業界にとって30~40代の団塊ジュニア世代が今後の売り上げが見込める世代で、今回はこの層をターゲットにしたアニメやキャラクターのコンテンツを活用した新業態となった。2020年に向けてインバウンド需要もキーワードになっている。

池袋の1号店を成功させて都内で何店舗か出して、さらに全国主要都市に展開、早急に10店舗ほど考えている。海外でも需要があると考え、コンテンツと日本の外食、物販を合わせてパッケージ化させて、北米、需要が見込めるアジア圏に進出できれば」(養老乃瀧 執行役員 谷酒 匡俊氏)

入店するとまずは店頭でコンセプト、店の概要、バッチの仕組みなどを案内してから、階級のバッチをランクに合わせて装着。初回のグリーンからスタートし、来店回数を重ねてスタンプカードのような「ライセンスカード」にポイントを追加していけば階級が上がる。

No image

着席すると初めての来店の際は、手持ちのスマートフォンもしくはタブレットで「BANDAI CHANNEL TOUCH(バンダルチャンネルタッチ)」の設定を行う。バンダルチャンネルタッチとは、バンダイナムコグループのキャラクターを中心とした知的財産権(=IP)と、施設を限定したスマホ、タブレット向けのワンタイム配信サービス。施設などのロケーションに対してキャラクターをデバイス配信ネットワークで提供するというもので「バンダイチャンネル」から限定的な場所にひもづいた見放題サービスを提供する。

設定画面から店舗限定のWi-Fiアクセスポイントを指定、カメラでQRコードを読み取るか、URLでアクセスして登録する。気に入った映像があったら「いいね」を押せるので、店舗内での人気作品ランキングもできる。

No image

◆ロボットアニメ作品をオマージュしたユニークなメニュー

居酒屋定番メニューに加えて、配信作品にちなんだユニークなメニューやロボ基地オリジナルメニューの数々も。いずれも作品を知っている人ならば、くすっと笑ってしまうようなものばかりで、フォトジェニックでもあるのでメニューは細かくチェックしよう(以下、価格はすべて税抜)。

〇ロボ基地 喰らえ!ビッグロケットサラダ(1280円)

超大型ロケット弾をイメージしたロボ基地特製シーザーサラダ。ロケット型に揚げたトルティーヤの中には生野菜がたっぷり。ザクザクと割ってシーザードレッシングをかけて。

No image

〇ロボット基地 ドリル焼(1180円)

ロボットについているドリルをイカ焼きで表現。じゃがバターとイカゲソ焼きを添えて。

No image

〇六神合体!!(780円)

「六神合体 ゴットマーズ」の六神合体をイメージした六色六味の軟骨入りつくね盛り合わせ。ガイヤー、スフィンクス、ウラヌス、タイタン、シン、ラーをイメージ。

No image

〇イデのゲージ・ピザ(980円)

「伝説巨神イデオン」に登場する、イデのパワーを表示する円型のゲージをイメージしたスペシャルピザ。手作り生地に特製フレッシュバジルソース、2種類のチーズをトッピング。

No image

〇ゴルディオンハンマー!(780円)

「勇者王ガオガイザー」の必殺ツール「ゴルディオンハンマー」で、ゾンダーに見立てた塩釜を粉砕する。「ハンマーコネクト!」の掛け声がかかったら、「光になれえぇぇ!」をみんなで絶叫しよう。見事に粉砕すると中から旬の食材が。中身の素材は時期によって変わる。

No image
No image

〇クロスファイト!弾劾鳳〈ダンガイオー〉(880円)

これを見てすぐにピンと来た人はかなりのロボアニメ通。「破邪大星ダンガイオー」の特徴的な機体のマークをモチーフにした。イカスミのリゾットにホワイトソースをかけた意外なイタリアン風メニュー。トッピングされているのはカレー味のうずらの卵。

No image

〇メイオウ攻撃〈天〉(580円)

揚たこ焼きに大きな「天」をトッピング。「冥王計画ゼオライマー」のメイオウ攻撃をイメージした一品。両手甲部と胸部光球はたこ焼きで再現、光輝く「天」のシンボルマークは色付けした桜大根で表現。

No image

〇レッドショルダーカスタム(780円)

スイーツにもコラボメニューが。「装甲騎兵ボトムズ」を象徴するメカ「スコープドッグ」をレッドショルダー仕様で再現。濃厚抹茶アイスにイチゴやウェハースをトッピングしたビジュアル的にも可愛いデザート。

No image

その他にも「伝説巨神イデオン」の主人公、ユウキ・コスモの赤いアフロヘアーを再現した「ユウキ・コスモ・ナポリタン」(880円)、「超時空要塞マクロス」の第4話に登場した、輝とリンが食べたマグロの頭を刺身で表現した「超時空要塞マグロス」(980円)、「機甲界ガリアン」の象徴的な武器を水餃子で表現した「ガリアンソード」(580円)、「魔神英雄伝ワタル」に登場した、おにぎりのようなアイテムをそのまんまおにぎりで表現した「フシギリ」(480円)など、ファンにはたまらないコラボアイテムが目白押しだ。

【AJの読み】ロボットアニメの洗礼を受けた団塊ジュニア世代を狙い撃ち

懐かしの映像を見ながらコラボメニューを楽しむというシンプルなシステムではあるが、1980年代のロボットアニメの大ブームの洗礼を受けた団塊ジュニア世代にとっては、心にビンビンと響くラインナップだ。ロボットアニメで私が最初の記憶があるのは70年代後半の「鋼鉄ジーグ」と「グレンダイザー」だが、1979年のガンダムから始まり1980年代はとにかく追いきれないほどのロボットアニメが放送されていた記憶がある。マクロス、ゴットマーズ、イデオン、ボトムズあたりは熱心に見ていた。とまあ、同年代と一緒なら当時のロボアニメの話題で盛り上がること間違いなし。エヴァンゲリオンやコードギアス世代にも新たな発見があるかも。

(C)1982ビックウエスト(C)AIC・EMOTION(C)サンライズ(C)サンライズ・R(C)創通・サンライズ(C)ちみもりを・AIC(C)東北新社(C)光プロダクション・TMS(C)ROBOKICHI

文/阿部 純子

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
辻希美の母のハンバーガー店『Ciel Amour』 開店から数ヶ月後に行った結果...
宝石のようなステーキ!?  今話題の奥渋谷に【最高にちょうどいいお肉】が食べられるお店『PEKO CISE』がオープン!
”王将の餃子”を昇華させた京都向日市にある町の愛され中華「一来一来(いきいき)」
【道の駅大賞2017】発表!道の駅ランキング人気TOP10~関東編~
ディズニーホテルで豪華Xmasブッフェ!シェフ一押しのメニューは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加