ダルビッシュ移籍後2勝目「ツーシームでゴリ押し」

ダルビッシュ移籍後2勝目「ツーシームでゴリ押し」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

ダイヤモンドバックス戦に先発し、5回を投げ5安打2失点と好投したドジャース・ダルビッシュ(撮影・菅敏)

<ダイヤモンドバックス6-8ドジャース>◇10日(日本時間11日)◇チェースフィールド

ドジャースのダルビッシュ有投手(30)が、5回5安打2失点2四球10奪三振の内容で、ド軍移籍後2勝目、今季通算8勝目(9敗)を挙げた。

立ち上がりから制球に苦しみ、初回だけで25球、2回まで44球。無失点に抑えながらも球数を費やした。

3、4回には1点ずつを失い、1点差に詰め寄られたものの、ド軍打線が5回に3点を追加。

5回裏は、四球後、3者連続三振。2試合連続2桁奪三振を記録し、マウンドを降りた。

最速は自己最速タイの時速99マイル(約159キロ)。球数は106球。防御率は3・81。

試合後は「今日はフォーシーム、スライダーはすごく良かったんですけど、ツーシームでゴリ押ししてしまった。そこまで無理しなくてよかった」と、淡々と振り返った。

試合は、ド軍が逃げ切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広陵・中村の新記録、NHKニュースで中継できず...
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
ロッテ伊東監督「3拍子そろう逸材」広陵中村を絶賛
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加