デクラン・マッケンナ、ユーモラスな最新MVが完成

デクラン・マッケンナ、ユーモラスな最新MVが完成

  • OKMusic
  • 更新日:2017/10/12

12月14日(木)に渋谷クラブクアトロで行なわれる単独公演のため、再来日を果たす“英国の新しき「世代の声」”=デクラン・マッケンナ。そんな彼のデビューアルバム『ホワット・ドゥ・ユー・シンク・アバウト・ザ・カー?』より、「ホワイ・ドゥ・ユー・フィール・ソー・ダウン?」のMVが公開となった。

No image

Declan McKennaPhoto by Yosuke Torii (okmusic)

12月14日(木)に渋谷クラブクアトロで行なわれる単独公演のため、再来日を果たす“英国の新しき「世代の声」”=デクラン・マッケンナ。そんな彼のデビューアルバム『ホワット・ドゥ・ユー・シンク・アバウト・ザ・カー?』より、「ホワイ・ドゥ・ユー・フィール・ソー・ダウン?」のMVが公開となった。

今年の『NME Awards』で最優秀ビデオ賞(Best Video)を獲得したSlavesの「Consume Or Be Consumed」を手がけたPhil Pooleが監督を務めた「ホワイ・ドゥ・ユー・フィール・ソー・ダウン?」のMVは、朝の公園の芝生の上でトレーナーたちと、曲に合わせてリズミカルにデクランがワークアウトをしているという、ユーモラスな内容に仕上がった。

最新シングル「ホワイ・ドゥ・ユー・フィール・ソー・ダウン?」に関してデクランは、“キラキラで、緩んだ感じのポップ・サウンドがどうやって生まれたのか分からないんだけど、何故か出来んだよね。多分、曲全体がジョークみたいな感じだからじゃないかな。自分のことやその他、たくさんのことを茶化しているしね。冗談みたいなダンス・チューンに近い、それでいてちょっと悲しげでもある曲に仕上がったんだ。色んなことが詰まった曲、この曲を作り始めたとき、僕はまだ16歳だった。自分のことが解っていない子供だったんだよ”と語っている。

10月よりヨーロッパ、UKツアーもスタートし、ソールドアウト公演が出るなど、ヨーロッパでもライヴの注目度の高さを窺わせている。

「ホワイ・ドゥ・ユー・フィール・ソー・ダウン?」MV

アルバム『ホワット・ドゥ・ユー・シンク・アバウト・ザ・カー?』

発売中

SICX-78/¥2,200+税
<収録曲>
01.ヒュモンガス
02.ブラジル
03.ザ・キッズ・ドント・ワナ・カム・ホーム
04.マインド
05.メイク・ミー・ユア・クイーン
06.イソンバード
07.アイ・アム・エヴリワン・エルス
08.ベツレヘム
09.ホワイ・ドゥ・ユー・フィール・ソー・ダウン?
10.パラセタモール
11.リッスン・トゥ・ユア・フレンズ
12.エキサイトメント(日本盤ボーナストラック)
13.ブリュー(ライヴ・アット・ザ・ガレージ/日本盤ボーナストラック)
14.ベーシック(ライヴ・アット・ザ・ガレージ/日本盤ボーナストラック)

【ライヴ情報】

12月14日(木) 東京 渋谷クラブクアトロ
OPEN 18:00 / START 19:00

チケット:オールスタンディング ¥6,000(税込/別途1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド:発売中
https://www.creativeman.co.jp/event/dm2017/

No image

アルバム『ホワット・ドゥ・ユー・シンク・アバウト・ザ・カー?』 (okmusic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
六本木から世界に! バーレスク東京、オリンピックに向けた新曲もヤバい
知名度ゼロでいきなり世界を獲った覆面ユニットの「ヒットの方程式」
マオ from SID&AKiがそれぞれ12月にプレミアムライヴ開催
MIYAVI、三浦大知とのコラボ曲MV公開。監督は、三池崇史。「この世には本当にすごい奴らがいる!」(三池)
Aimer、武道館初ワンマンを映像作品化+アイスランド撮影ショートフィルムも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加