マイクロソフト、国内でHoloLens のプレオーダーを12月2日より開始

マイクロソフト、国内でHoloLens のプレオーダーを12月2日より開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/29

マイクロソフトは11月29日、Windows 10を搭載した自己完結型ホログラフィック コンピュータ「Microsoft HoloLens」の日本国内におけるプレオーダーを12月2日より開始すると発表した。出荷は2017年初頭から行われる予定。

HoloLensは、現実の世界と3Dのホログラムの世界を融合させたMixed Reality(複合現実)を実現するデバイス。HoloLensは2015年1月に発表、2016年3月31日にカナダと米国が開発者向けエディション「Microsoft HoloLens Development Edition」、法人向けエディション「 Microsoft HoloLens Commercial Suite」の出荷が開始されている。

No image

Microsoft HoloLens

国内では、12月2日より、日本のオンラインの Microsoft Store 限定でプレオーダーの受付を開始する。価格は、Microsoft HoloLens Development Edition が33万3800 円、Microsoft HoloLens Commercial Suiteが55万5800円、画面操作機器のClickerが8800円となる(いずれも税別)。

国内では、JALが運航乗務員と整備士の教育・訓練として、HoloLensを活用したアプリケーション「ボーイング737-800型機 運航乗務員訓練生用 トレーニングツール」「ボーイング787型用エンジン 整備士訓練用ツール」のプロトタイプを開発している。

No image

HoloLens を装着して見えるコックピット(イメージ)

No image

HoloLens を装着して見えるエンジン(イメージ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ASUS、ZenBook誕生5周年記念の13.3型ノートを100台限定販売 - 税別約6万円
Bluetoothスピーカーでヤバい音声が流れる悲劇を回避する方法
Amazonで面接を受けるとこんなことが起こる、という体験レポート
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
部屋にごちゃつくケーブルは隠してスッキリ&安全に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加