来秋朝ドラ「まんぷく」テーマは“復活”制作統括・真鍋氏 福田靖氏起用“念願”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

NHKは14日、大阪放送局が制作する来年度後期の連続テレビ小説(月~土曜前8・00)が「まんぷく」に決まったと発表した。脚本は大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」などのヒット作を手掛けた福田靖氏。インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を舞台に、明るくひたむきに生き抜いたヒロイン・福子とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平の波乱万丈の物語を描く。

現在放送中の「わろてんか」、次回作「半分、青い。」続く朝ドラ99作目(大阪放送局制作42作目)。来年10月1日スタート、全151回。実在の人物がモデルだが、激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として大胆に再構成し、登場人物や団体名は改称した上、フィクションとして描く。

タイトルには「物語のヒロイン・福子と、実業家の夫・萬平の夫婦の名前を合わせました。食と幸せのシンボル“満腹”という意味と、日本の朝に“福=幸せ”がたくさんあふれますように、という願いも込めています」という。

「龍馬伝」で演出を務め、脚本・福田氏とコンビを組んだ制作統括の真鍋斎チーフプロデューサーのコメントは以下の通り。

半年間のドラマを描いてゆくにあたって、「これです」と言い切れるたった1つのテーマを提示するのはなかなかに難しいことです。「まんぷく」も多くのテーマを含んでいますが、それでは何も語ったことにはならないので、あえて1つ、このドラマの大切なテーマを申し上げるとすれば、これは「復活の物語」であるということでしょうか。

脚本をご担当いただく福田靖さんにご提示いただいたテーマの1つです。

福子さんと萬平さん夫婦は、激動の昭和を生きる中で、様々な浮き沈みを経験します。言われなき罪で当局に捕まってしまったり、事業に失敗して財産を失ったり…。そこから何度も這い上がって、世紀の発明を成し遂げた時には、2人は40歳をゆうに超えていました。心折れる時も、きっとあったと思います。しかし、彼らは高らかに言うでしょう。「人はいつだってやり直せる」と。

そうした物語のテーマをともに見つけてくださった福田さんとは、私は7年ぶりのお仕事となります。大河ドラマ「龍馬伝」でご一緒した時に、脚本の随所に散りばめられたユーモアが、比較的ハードな内容の大河ドラマの中にあって、キラりと光っていました。そのセンスをもって、いつか“朝ドラ”をご執筆いただきたいと思っておりましたところ、念願かなって「まんぷく」で結実いたしました。

楽しくて明るい、それでいて“実のある”朝のドラマを目指します。よろしくお願いいたします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
みのもんたが大晦日をズバリ予測「元SMAP3人すごいよね、地上波負けちゃうかも」
イッテQ、まさかの「ドクターXコラボ」に視聴者大喜び!
広瀬すず、“流出騒動”の被害に! 1月期『anone』主演決定の裏で「事務所が大激怒」
小田和正が贈る恒例ライブ番組『クリスマスの約束』今年も放送
『ドクターX』陣内孝則メイン回に、予告時点でクレーム噴出!! 再び「20%割れ」の危機?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加