ハリケーン「ノーマ」発生、地震・ハリケーンに見舞われたばかりのメキシコへ

ハリケーン「ノーマ」発生、地震・ハリケーンに見舞われたばかりのメキシコへ

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/16
No image

ハリケーン「マックス」(右)と熱帯低気圧「ノーマ」を捉えた衛星写真。米海洋大気局提供(2017年9月14日提供)。

【AFP=時事】熱帯低気圧「ノーマ」は15日午後、メキシコ沖の太平洋で勢力を強めハリケーンに発達した。メキシコは今月すでに、メキシコ湾(Gulf of Mexico)から南東部に上陸した「カティア」と、数時間に太平洋岸の南部を襲った「マックス」の2つのハリケーンに見舞われている。

米国立ハリケーンセンターによると、ノーマはメキシコのリゾート地バハカリフォルニア 州ロスカボス に向かって進んでいるとみられる。

ノーマはグリニッジ標準時(GMT)午前3時(日本時間同日正午)時点でカボサンルカスの南435キロの海上に位置しており、最大風速は約33メートル。これから数日間でさらに勢力を強めるとみられている。

メキシコ太平洋岸を襲った勢力が5段階のうち一番下の「カテゴリー1」のハリケーン「マックス」は14日、熱帯低気圧に変わったが、いまだに最大風速約30メートルを維持し、アカプルコの東の沖合を内陸に向かって移動している。今後、勢力はさらに弱まるとみられているが、南西部ゲレロ州と、先週、マグニチュード(M)8超の地震に見舞われ大きな被害が出たオアハカ州の沿岸部に「豪雨」をもららすと予報されている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
気持ち悪い!美人母の「母乳」を保母が勝手に飲む案件が発生する!
菅野完氏「ツイッター凍結」騒動が拡大一途 偽アカ登場、陰謀論、「場外乱闘」も勃発
欧州選挙ラッシュの最終章:ドイツ総選挙、カタルーニャ住民投票の行方と為替への影響
豪で皮膚の欠損招く感染症広がる、有袋類の急増に関係との見方も
「史上最低最悪の解散」とは歴史を知らない妄言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加