“御巣鷹の尾根”に32年 新たな墓標や補助階段も

“御巣鷹の尾根”に32年 新たな墓標や補助階段も

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/12
No image

動画を見る(元記事へ)

520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年です。群馬県上野村では朝から、遺族や関係者が慰霊登山をしています。

(社会部・門秀一記者報告)
墜落現場の麓です。午前11時現在、233人の遺族が家族が待つ山の中に入りました。遺族は朝早くから慰霊登山を始め、事故現場となった「御巣鷹の尾根」で家族の墓標に花を供えて手を合わせました。事故で父親を亡くした内野理佐子さん(57)は古くなった木の墓標を今回、石で新しく作り直しました。
事故で父親を亡くした内野理佐子さん:「本当だったら、32年の過程を父も一緒に経験できたら良かったのになと思います」
遺族の高齢化を巡っては、今年から登山道に新しい補助階段が作られ、地元の小学生が杖を作って寄付をするなど、ボランティアの輪が広がっています。この後、夕方には慰霊式が行われ、事故が起きた時間に合わせて黙祷(もくとう)が捧げられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
関越道で6台事故 大型二輪の男性が死亡、2人重軽傷
女子大学生が乳児の遺体を...ポリ袋に入れ遺棄か
東京大学 エリートはどこへ消えた?――徹底解剖 日本の大組織
30人が“宙づり”に...USJで人気コースター緊急停止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加