レアルを苦しめたスポルティングCP、負傷者続出のドルトムントは苦戦必至か

レアルを苦しめたスポルティングCP、負傷者続出のドルトムントは苦戦必至か

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/19
No image

スポルティングCPに所属するバス・ドスト【写真:Getty Images】

現地時間18日にチャンピオンズリーグ(CL)第3戦となるスポルティングCP対ドルトムントの試合が行われる。ドルトムントはここまで1勝1分の無敗を継続しているが、スポルティングCP戦は苦戦を強いられることになりそうだ。

ドルトムントでは、ラファエウ・ゲレイロやアンドレ・シュールレ、さらに主将のマルセル・シュメルツァーなど合計10選手が負傷離脱しているのに加えて、負傷明けのマルコ・ロイスも出場が微妙となっている。

対するスポルティングCPでは今夏の移籍市場でヴォルフスブルクから移籍してきたオランダ代表FWバス・ドストが好調。現在までにリーグ戦4試合出場で4得点を決めている。

CL初戦では昨季王者のレアル・マドリーを最後まで苦しめた。ブルーノ・セザルが先制点を決めた後、後半終盤に追いつかれアディショナルタイムに逆転弾を許し敗れたものの、対等に渡り合える力があることを見せつけている。

第2戦のレジア・ワルシャワ戦には勝利しているため、ドルトムントとは勝ち点1差の3位。今回の直接対決でスポルティングCPがドルトムントに勝利すれば順位が入れ替わることになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
対戦できるのが“光栄”...オークランド指揮官が鹿島称賛「手強いチーム」
ウクライナ遠征のマンU、EL戦うピッチが凍結...試合は予定通り開催か
失点しての“目覚め”は悪い...鹿島MF遠藤「2倍3倍のパワーを使う」
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...
CLで大健闘のレギア、試合後には大統領も祝福に訪れる

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加