テレビの操作をするなら、音声認識とリモコンどっちが速い?

テレビの操作をするなら、音声認識とリモコンどっちが速い?

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/15

Amazonの音声認識技術「Alexa」が、様々な製品に組み込まれて話題だ。そんな中、国内の家電製品は、どんな音声認識を備えているか? その現状を探る。

◎キーボードやリモコンで操作するよりも早い

「日本語の音声認識が特に難しいわけではありません。限られた母音+子音の組み合わせなので、音素はほかの言語に比べても少ない。難しいのは、英語と比べると、ひとつ一つの単語の区切れがわかりづらい点ですね」

音声認識ソフトを開発するアドバンスト・メディアの佐々木淳志さんによれば、〝区切れ〟を自動で認識するには、様々な人が話している音声データを収集、分析、整理しておく必要があるという。

「すでに特定ジャンル、例えば医者がカルテ作成用に使うソフトでは、認識率が98%を超えています。キーボード入力よりも早くテキスト化でき、その実力を発揮しています」

こうしたレベルにまで達すると普及は早いという。今回紹介するテレビや炊飯器などの家電製品も、一定のコマンド(指示)が決まっているため、どれも認識率は高かった。そうなれば誤認識も減り、テレビのリモコンや、スマホのタップ操作よりも、音声操作のほうが早くなる。使わなければ損なのだ。

[ スマートテレビ ]大量コンテンツから音声で即座に検索

No image

パナソニック『ビエラ TH-65DX950』
オープン価格(実勢価格約65万9000円)

パネル全面にLEDが配された〝直下型〟LEDバックライトを搭載した4K液晶テレビ。ユーザーが話した番組名やキーワードを音声認識。録画番組などから即座に見つけ出す。

No image

リモコンの「マイク」マークの青いボタンを押し、検索したい項目を話すだけでOK!

No image
No image

音声コマンドを声にすると、検索結果が表示される。そこに記される番号を声にすると指定したコンテンツが映し出される。

〈WRITER'S EYE〉使い始めると、リモコンボタンよりも断然スムーズに操作できました。声だけって、こんなに楽なんですね。

◆ まだまだある! 音声認識家電 ◆

[ オーブン ]献立を相談できるウォーターオーブン

No image

シャープ『ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XW300』
オープン価格(実勢価格約15万円)

ユーザーの好みを把握するAI搭載のオーブン。献立に悩んだ時に話しかければ、料理履歴などを考慮して、献立提案してくれる。

No image

「おはなし」ボタンを押して、料理名や「サッとできる料理を教えて」などと話しかける。

No image

音声認識すると、すぐにメニューや献立提案を表示する。

No image

〈WRITER'S EYE〉すぐに音声認識して、メニューを表示してくれるのは便利です。「お腹へったぁ」などと言っても答えてくれる愛嬌もあって◎。

[ 炊飯器 ]音声入力で炊飯予約も簡単設定

No image

三菱電機『備長炭 炭炊釜 NJ-VA107』
オープン価格(実勢価格約13万1000円)

5.5合炊きのIHジャー炊飯器。専用アプリ「らく楽炊飯」を使えば、炊飯設定や炊き上がりの食感、予約時間を音声入力できる。

No image

アプリを立ち上げ、お米の種類や炊き上がりの食感、時間などを音声かタッチで設定する。

No image

スマホを本体にタッチすると、NFCで炊飯設定が送られる。

No image

〈WRITER'S EYE〉NFCでのデータ転送だから、面倒な接続設定が不要なのがうれしい。現状はNFC搭載のAndroid端末のみに対応。『iPhone』は非対応だ。

[ 電球 ]ひと声かければ電球色が変わる

No image

フィリップス『Hue スターターセット v2』
オープン価格(実勢価格約2万6800円)

調光や、1600万色以上の調色が可能なLED電球。Apple HomeKitに対応し、『iPhone』のSiriなどに話しかけるだけで操作できる。

No image

専用アプリ「hue」を設定し、Siriに話しかける。例えば、暖色はオフ、白系はオンタイムに使う。

No image

設定された色だけでなく、スマホ上で細かく調色もできる。

No image

〈WRITER'S EYE〉調色だけでなく「ランプをつけて」などと言うだけで操作できる点は、ズボラな人にはもってこい! 日常的に使うスマホが使える点もいい。

[ ヘッドホン ]秘書のようなヘッドセット

No image

ソニーモバイルコミュニケーションズ『Xperia Ear XEA10』
オープン価格 (実勢価格約1万9880円)

メールの確認や送受信、天気やニュースの読み上げまで、すべて音声で指示できるヘッドセット。TwitterやLINEなどにも対応。

No image

対応スマホとペアリングしたら、本体のボタンを押して、指示すれば、電話もかけられる。

No image

〈WRITER'S EYE〉スマホの主要な機能を、ほぼハンズフリーで操作できて、音声で読み上げてくれるのはうれしいですね。作業効率が上がりそうです。

ライター・河原塚英信
AV機器からカメラやスマホ、生活家電まで、雑誌やWebで幅広く紹介している。

《 ハンズフリー、アイズフリー、イヤズフリーを追求する製品 》

No image
No image
No image
No image

ソニー〝N〟(コンセプトモデル)発売時期・価格未定

ネックバンドタイプの新感覚ウエアラブル。本体左右にスピーカー(写真左上)やマイク、右側にはカメラも搭載(写真右下)、スマホとつながり、ハンズフリー通話も可能。

No image

R&Dプラットフォーム

システム研究開発本部応用技術開発部門

ソリューション開発2部

統括課長

市山文士さん

No image

R&Dプラットフォーム

システム研究開発本部応用技術開発部門

ソリューション開発部

UXプランナー

古賀康之さん

近未来の必需品とも思われるような、夢のような音声認識デバイスが、実はソニーのコンセプトプロトタイプとして存在する。首にかけて、音声認識で音楽再生や動画や静止画撮影、ハンズフリー通話などが可能なウエアラブル機器だ。

「従来のウエアラブル機器は、常に身につけられず、操作も手軽ではない。究極は存在を忘れるほど自然に装着でき、手軽に操作できるものだと考えました」(市山さん)

この〝N〟は高性能なマイクやスピーカーを搭載。雑音の多い屋外でも音声を明瞭に認識し、例えば「What time is it?」などといった質問、指令にも答えてくれる。

「マイクを4つ搭載し、うるさい環境でも音声操作ができる工夫をしている」(古賀さん)

音の広がりや音質、レスポンスなどの完成度は高く、今すぐにでもほしいくらい。ぜひ発売してほしい!

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ディープラーニングのすごさを体験! 人工知能で画像を加工できるツール5選
無料ってマジかよ! ZOZOがボディーサイズを自動で測る「ZOZOSUIT」の配布受付を開始してたので注文してみた
ZOZOTOWN、着て採寸する「ZOZOSUIT」を無料配布 伸縮センサー内蔵のボディスーツ
年間3900円の「Amazonプライム会員」は本当に得なのか?
全身を瞬時に採寸、ボディスーツ「ZOZOSUIT」無料配布 「ぴったりの服」注文可能に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加