ロッテ・ドラ5渡辺 練習試合先発へ「責任もってやりたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

ロッテのドラフト5位・渡辺啓太投手(24=NTT東日本)が、対外試合2戦目となる18日の台湾・ラミゴとの練習試合(石垣市営)で先発起用されることが14日、分かった。「(18日の先発は)渡辺で行く」と小林投手コーチが明かした。

10日の紅白戦は中継ぎで1回1安打無失点。最速147キロの直球、多彩な変化球に制球の良さが首脳陣の目に留まり、先発テストが決まった。いわき光洋(福島)から神奈川工大を経て、NTT東日本では社会人の日本代表に2度選ばれた。「任されたところは責任もってやりたい」と渡辺。涌井、石川、二木らに新外国人のボルシンガーやオルモスが加わる開幕ローテーション争いに、24歳の新人右腕が参戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
他競技と新たなコラボを――選手会副会長・薗田峻輔が考えるツアー改革
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
カーリング女子 カナダに完敗「みんなパニックになってしまった」
奨成19日実戦デビュー「失敗を恐れずに思い切ってやりたい」
大谷翔平、投手コーチに続き、打撃コーチも「完璧」と太鼓判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加