パリSG、序盤のピンチに耐えバーゼルに快勝 3トップが1点ずつ奪う

パリSG、序盤のピンチに耐えバーゼルに快勝 3トップが1点ずつ奪う

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/21
No image

パリ・サンジェルマンがバーゼルに快勝した [写真]=Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が19日に行われ、パリ・サンジェルマン(フランス)とバーゼル(スイス)が対戦した。

ここまで1勝1分けのパリ・サンジェルマンが、1分け1敗のバーゼルをホームに迎えた一戦。パリ・サンジェルマンとしては、この試合に勝利して決勝トーナメント進出へ近づきたいところ。先発にはエースを務めるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニのほか、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、フランス代表MFブレーズ・マテュイディらが名を連ねた。

最初にチャンスを迎えたのはバーゼル。5分、CKをファーサイドでビルキル・ビャルナソンが折り返すと、中央のミヒャエル・ラングが頭で合わせた。しかしこれはクロスバーに弾かれ、得点には至らない。

36分、バーゼルは左サイドからマティアス・デルガドがクロスを供給を上げると、セイドゥー・ドゥンビアがヘディングシュート。しかしボールは右ポストをたたき、ネットを揺らすことはできなかった。

直後の40分、パリ・サンジェルマンは左サイドを駆け上がったマテュイディがグラウンダーのクロスを供給。これがDFに当たってエリア内にこぼれると、ルーズボールに反応したディ・マリアが右足を振りぬいた。シュートはGKトマーシュ・ヴァツリークが反応できず、ゴール右隅へ突き刺さった。

1-0で後半に突入して47分、パリ・サンジェルマンは右サイドのFKにカバーニがヘディングで合わせる。しかしボールは右ポストに直撃。追加点とはならない。

それでも62分、セルジュ・オーリエのクロスをDFがクリアミスすると、ボールを拾ったルーカス・モウラが落ち着いてゴール右隅へ流し込んだ。パリ・サンジェルマンがリードを2点とする。

さらにパリ・サンジェルマンは後半アディショナルタイム3分、エリア内でカバーニがラングに倒されPKを獲得。これを自らしっかりとゴールへ叩き込んだ。直後に試合はタイムアップ。ホームのパリ・サンジェルマンが3ゴールを奪い、バーゼルを下した。

次節は11月1日、バーゼルのホームで両チームが再び対戦する。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 3-0 バーゼル

【得点者】
1-0 40分 アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
2-0 62分 ルーカス・モウラ(パリ・サンジェルマン)
3-0 90+3分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NFL、各チームによるSNS投稿ポリシーを緩和
5試合ぶり出場の本田、FKで逆転弾起点に。ミランが昇格組下し連勝
5試合ぶり出場の本田圭佑がFKから決勝点演出!!ミランに連勝呼び込む
本田のFKからラパドゥーラが決勝点...ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち
ペップ 元教え子セスクを無視
  • このエントリーをはてなブックマークに追加