ホークス古谷、紅白戦2回完全3K

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/10/13

高卒ルーキーの古谷が1軍クラスをきりきり舞いさせた。白組の3番手で4回に登場し、川島を空振り三振、本多を遊ゴロ。デスパイネは147キロの直球でバットに空を切らせ、「三振を取ったボールは指に一番かかっていた。自信になるというか、成長した部分だと思う」と振り返った。

5回も上林から三振を奪うなど、2イニングをパーフェクト。打者6人から3三振を奪う圧巻の投球に、工藤監督も「いい球を投げていた」と満足そうな表情だ。もっとも、当の本人は「結果的に抑えられたけど、腕が振れていなかったので納得いく投球ではない」とどこまでも貪欲だった。

=2017/10/13付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
あえて関西のマイナー大学を選んだ男が「低い構え」でドラフトを待つ
【ドラフト2017】西武 菊池雄星の「後継者」として狙いたい“あの左腕”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加