不思議の国のアリスシリーズなどで人気の画家SHU氏による「デジタルアートの軌跡展」

不思議の国のアリスシリーズなどで人気の画家SHU氏による「デジタルアートの軌跡展」

  • MdN
  • 更新日:2018/01/12
No image

「愛咲き夢見し」
(c)SHU

2018年1月19日(金)から3日間にわたり、秋葉原UDX 4FのNEXT3にて、画家のSHU氏による展示会「デジタルアートの軌跡展」が開催される。デビュー作の「12の輪廻物語」から人気の「不思議の国のアリス」シリーズ、桜をテーマに描かれた最新作の「愛咲き夢見し(あさきゆめみし)」までを一堂に展示。最新作は東京では初公開となる。入場無料で、時間は11:00〜19:00(19日は15:00開場 / 21日は18:00閉場)。

1972年生まれで広島県出身のSHU氏は、広島経済大学在学中にパステルで人物画を描き始め、グラフィックの仕事をすることを決意した。1996年にゲーム会社に入社し、ゲームグラフィックの仕事を担当。2004年に作家として独立し、非常に美しい作品で多くのファンを獲得している。

今回の展示会での作品は、一部を除き購入が可能。さらに、アリスファン必見の資料の展示など、さまざまな角度からSHU氏の世界観を楽しめる内容だ。「不思議の国のアリス」シリーズの一部を等身大に拡大して詳細に解説した大解剖パネルも登場。画業10周年を迎えたSHU氏が描くデジタルアートの可能性を堪能することができる。

No image

「Alice Memories」
(c)SHU

No image

作品解説イメージ

■期間:
2018年1月19日(金)~1月21日(日)

■開催場所:
秋葉原UDX 4F NEXT3
東京都千代田区外神田4-14-1

■問い合わせ先:
アートコレクションハウス株式会社
url.http://art-eventcollection.info/shu2018/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クラウド&エアリスが出会う“教会”も再現!FF30周年記念「別れの物語展」が開催
ゲームクリエイター日野晃博氏が語る『妖怪ウォッチ』の未来
任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」を発表―スイッチ/3DSで最も人気があったタイトルは?
ダンボール製コントローラーを自分で組み立てて「Nintendo Switch」を遊び倒せる画期的なキットが公開!凄いと話題に!
“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加