稲葉ジャパンが西武相手に初白星 無失点リレーで最後はDeNA・山崎康が締める

稲葉ジャパンが西武相手に初白星 無失点リレーで最後はDeNA・山崎康が締める

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/13

16日に開幕する「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する日本代表が13日、宮崎市の清武SOKKENスタジアムで西武との練習試合に6-0で快勝した。打線が序盤から効果的に点を重ね、7投手が無失点リレーで稲葉ジャパン初白星を飾った。

前日の日本ハムとの練習試合を引き分けた日本。この日は二回に先頭の山川(西武)が四球で出塁。一死一塁から、外崎(西武)が右中間を破る適時三塁打を放ち、先制した。なおも、一死三塁から松本(日本ハム)の中犠飛で1点を追加。三回には近藤健(日本ハム)の適時二塁打、四回には若月(オリックス)の適時内野安打で1点ずつ追加した。

五回には二死から近藤健が死球。山川が中前へはじき返すと、上林(ソフトバンク)が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、5-0とした。八回にも外崎のこの日2本目となる適時打で追加点を奪った。

投手陣は先発の多和田(西武)が2回を2安打無失点。その後を堀(日本ハム)、平井(西武)、野田(西武)がいずれも1回1/3ずつを無失点。終盤も七回を石崎(阪神)、八回を又吉(中日)が無失点とし、最後は守護神・山崎康(DeNA)が締めた。

No image

投球する日本代表・山崎康=SOKKENスタジアム(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京大卒のロッテ戦力外田中、引退し三井物産へ就職
広島1位中村奨成が仮契約「ありがたい」背番号22
巨人 小林がでん部を手術、無事終了もファン感は欠席へ
元プロ野球選手のセカンドキャリアを支援、国学院大が特別入試を実施
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加