阪神大和が両打ち挑戦、ライナー性の当たり連発

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

左打席に入り特打を行う大和(撮影・清水貴仁)

阪神大和が両打ち挑戦で出場機会アップを狙う! 大和内野手(29)が18日、甲子園で行われた秋季練習で左打ちを披露した。

午後から行われた特打に参加。フリー打撃では屋外で初となる左打席に立った。秋季練習初日から室内で取り組んでおり、ライナー性の当たりを連発させた。

「とりあえず空振りしなかったんでよかったです。(オフは)振り込みしかないです。ほぼ初めてだからイメージがないっす」と苦笑いだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武、田邊前監督のチームアドバイザー就任を発表
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
広島V旅行から帰国 日焼け顔鈴木誠也「また来年」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加