逆らう者は容赦なく射殺!イ・ビョンホンの狂気が際立つ「MASTER」本編映像公開

逆らう者は容赦なく射殺!イ・ビョンホンの狂気が際立つ「MASTER」本編映像公開

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/13
No image

3俳優がそろい踏み! (C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件を描いたクライムアクション「MASTER マスター」(公開中)の新たな本編映像が、公開された。

ヒット作「監視者たち」を手がけたチョ・ウィソクがメガホンをとり、巧みな話術と綿密な計画で民衆から金を巻き上げる投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)と韓国警察の知能犯罪捜査班のし烈な頭脳戦を描く本作。「群盗」「華麗なるリベンジ」で知られるカン・ドンウォンが、警察の知能犯罪捜査班のリーダー、キム・ジェミョンに扮するほか、「チング 永遠の絆」「二十歳」で知られるキム・ウビンが、イ演じるチン会長の部下で、キム捜査官と手を組む天才ハッカー、パク・ジャングン役で出演する。

映像は、自らの死を偽装したチン会長を追い、フィリピンのマニラにたどり着いたキム捜査官が、チン会長と対じするシーンから始まる。一方、現場に到着していたパクは目の前でかつての仲間、通称“キムママ”がチン会長の部下によって殺されるさまを車中から目撃し、顔が真っ青に。さらに、チン会長の部下に見つかってしまい、絶体絶命のピンチに陥る。緊迫感あふれるシーンであると同時に、右腕でもあるはずのキムママの殺害命令をちゅうちょなく下すなど、チン会長の非情さも垣間見える。

お調子者の天才ハッカーを時にユーモラスに、時にシリアスに演じたキム・ウビンは、役になりきるため、パソコンのショートカットキーなどキーボードをたたく仕草を研究したという。さらに、「グリーンスクリーンの状態で撮影していたので、自分が何をタイプしているのか見えず、頭の中で可視化する必要がありました」と撮影中の苦労を語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ハイスクールD×D」スタッフ一新で4度目アニメ化!2018年放送決定
長澤まさみ、高橋一生に抱かれて眠る...『嘘を愛する女』新ビジュアル
「なぜ人はスパイになるのか」映画「密偵」が答えを熱く求める。舞台は1920年代、日本統治下の韓国
なぜ黒人男性はドラゴンボールが好きなのか?
満島ひかり、元夫石井裕也監督と“共演”...壇上で顔を並べる、今カレの映像も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加