陰謀論者がザワつきはじめた。2017年9月23日、ニビルが地球に衝突するという噂

陰謀論者がザワつきはじめた。2017年9月23日、ニビルが地球に衝突するという噂

  • カラパイア
  • 更新日:2017/08/13
No image

謎の巨大惑星ニビルが地球に迫っているらしいという噂は前からまことしやかにささやかれていたが、キリスト教系数秘術師のデビッド・ミード氏によると、8月21日に訪れる皆既日食はニビルが地球に衝突する前兆なのだという。彼はこのことは聖書で予言されている事実であると主張する。

ニビルの衝突は2017年9月23日

惑星Xとも呼ばれるニビルは、2003年以来、いくどか地球を滅ぼすと予言されてきた謎の惑星だ。NASAはその存在を否定しているが、実在を信じる者は数多く存在している。

今年、ミード氏は太陽の双子の重力によって10月にニビルが地球に衝突すると主張(関連記事)。ところが今回彼はその運命の日を早め、今月21日(米時間)にアメリカで広く観測される皆既日食がニビル到来の前兆であると発表した。日食に続き、9月23日にニビルが地平線に現れ、地球に直撃。人類は滅亡するという。

No image

その根拠として彼は聖書に言及する。旧約聖書のイザヤ書13章には、日食の日に世界が滅亡することを暗示する一節がある。

「見よ、主の日が来る。残酷な日だ。憤りと燃える怒りをもって、地を荒れすたらせ、罪人たちをそこから根絶やしにする。天の星、天のオリオン座は光を放たず、太陽は日の出から暗く、月も光を放たない」

さらに33章にも滅亡を示唆する記述があるという。

また彼自身の著書『Planet X - The 2017 Arrival(惑星Xが2017年にやってくる)』では次のように説明されている。太陽には双子が存在し、それが地球の南極へ向かって接近している。双子の周りには7つの天体が公転しており、その1つが巨大な青い惑星ニビルである。

No image

陰謀論では、ニビルはその重力で数百年前に他の惑星の軌道を乱した張本人とされており、”ならず者惑星”とも呼ばれる。

ミード氏によると、困ったことに地球に接近する角度の問題で、南アメリカ上空から高性能カメラで観測しない限りは、ニビルは発見できないのだという。

懐疑的な人も多い

なお、読者レビューでは、彼の理論には飛躍が見られるという批判もある。科学的な事実をいくつか解説してはいるものの、その大半は幻視や夢といった宗教的な記述に割かれているという。また聖書における神の発言を事実として取り上げていることも問題だそうだ。

専門家はニビルは存在せず、インターネットのでっち上げに過ぎないという点で見解の一致を見る。

via:planetxnews/dailymailなど/ translated by hiroching / edited by parumo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界初。超小型のロボットを飲み込んで胃潰瘍を治すマウス実験に成功(米研究)
10代のビットコイン長者Erik Finmanが、テイラー・スイフトの”1989′′を宇宙へ送り出す
わずか4g、世界最小の人工衛星が宇宙へ! - 目指すのは星間飛行の夢
キュリオシティが「火星のヒューマノイド」を殺害か!? NASAの異常行動に衝撃広がる
「病は気から」は本当だった!北大がメカニズム解明 世界初!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加