ヤダ、洗うとこ見ないでっ......! 彼氏とのお風呂で気になること6つ

ヤダ、洗うとこ見ないでっ......! 彼氏とのお風呂で気になること6つ

  • マイナビウーマン
  • 更新日:2016/10/19
No image

彼氏とのお泊まりデートのときなどに一緒にお風呂に入れば、いつも以上にコミュニケーションを取ることができますよね。でも、ひとりのときとは勝手がちがって、気になることがあるのも事実。今回は、彼と一緒にお風呂にはいるときに何が気になるのかについて、女性たちに聞いてみました。

▶こ、これが生のカラダ……! 初めて女性の裸を見たときの感想

<彼氏とのお風呂で気になること>

■彼の体形

・「筋肉があるかどうか。自分よりガリガリな人は嫌」(23歳/商社・卸/営業職)

・「彼氏のたるんだ腹&薄毛になってないだろうかと危惧」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

洋服を着ているときには、はっきりとわからない彼の体形。脱いでも期待通りの体なら言うことなしですが、そうでない場合はガッカリということも。髪を洗ったあとに意外なほどボリュームが減るというのも、萎えてしまう人がいるようです。

■体の洗い方を見られたくない

・「自分ひとりのときのように体をすみずみまで洗えないことが気になって仕方ない」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「陰部の洗い方を見られるのは彼氏でも恥ずかしい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

体の隅々まで洗ってさっぱりしたいとは思うものの、彼がいると思い切り体を洗えないのが気になるという女性も。デリケートな部分などは、洗っている姿を見られるのが恥ずかしいですよね。

■ムダ毛や肌のキレイさ

・「ちゃんとムダ毛処理したか不安になってくる」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「肌のキレイさ、汚さとか傷ついていないか」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

きちんと処理したはずだけどムダ毛が残っていないか、肌荒れなどがないか。彼にすべてを見られてしまうお風呂では、いろいろなことが不安でたまらないという女性も多いかもしれませんね。

■出るタイミングが難しい

・「いつもと同じペースで入っていいのかどうか」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「私が長風呂なので彼氏がのぼせないか気になる」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

ひとりのときはゆっくり湯船に浸かってリラックス。でも、男性の中にはかなり早風呂な人もいるので、自分のペースで入っていいものかどうか迷ってしまうという女性も。彼に合わせると入った気がしないし、彼がのぼせないかも心配になりますよね。

■裸を見られるのが恥ずかしい

・「彼氏とのお風呂で気になることは裸を見られること。恥ずかしいから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「どう自分の体がうつるか。本当は真っ暗にしたい」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

彼が自分の体を見てどう思っているのか気になってしまうので、本当は真っ暗にして入りたいという女性も。どうしても気になるならムード作りという言い訳で、キャンドルを灯してみるのもいいかもしれませんね。

■お風呂の狭さ

・「狭さ。2人で入ると狭いので、リラックスできない」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「長年一緒に入ると、洗い場が混むのがめんどう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ホテルなら少し広めのお風呂なので2人でも十分ですが、どちらかの自宅のお風呂となると狭さが気になることも。でも、体を洗うにしても湯船につかるにしても自然に密着できると考えれば、アリかもしれませんね。

<まとめ>

彼とのお風呂ではやはり体を見られることに抵抗を感じる人も多そう。ほかにも、入る時間や体の洗い方を変えないといけないのがめんどうに感じるよう。でも、彼とお風呂に入るというのは恋人ならではのコミュニケーションの時間。すべてを見せあえる関係になれたと思えば、うれしくなりますね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月29日~2016年10月06日
調査人数:109人(22~34歳の働く女性)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
すっげぇいい女! 「妻を選んでよかった」と思う瞬間・6つ
彼氏がいても手に入れたい...男性が「奪いたい!」と思う女性の特徴5つ
お前かわいすぎっ......! 彼が思わずキスしたくなる彼女のしぐさ6つ
えっ...実況中継!? エッチ好きがオススメする「ベッドでの裏ワザ」3つ
裸にリボンは何位!? 「嬉しくない彼女からのクリプレ」ワースト10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加