最新ランキングをチェックしよう
電通の過労死裁判、「人の命が失われても罰金50万円」が象徴する日本の現実

電通の過労死裁判、「人の命が失われても罰金50万円」が象徴する日本の現実

  • Business Journal
  • 更新日:2017/10/13

労働基準法違反罪に問われていた電通に対して、東京簡易裁判所は10月6日に求刑通りとなる罰金50万円の判決を言いわたした。
 電通では2015年12月に新入社員だった高橋まつりさんが長時間労働の末に自殺しており、違法残業の問題が取り沙汰されていた。9月22日に開かれた初公判では、同社の山本敏博社長が出廷し、起訴内容について「間違いありません」と認めて謝罪したことも話題になっていた。
 この判決につい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
同僚の男2人に体内に空気入れられ男性が死亡
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
風俗店の入るビル火災 重体女性が死亡 さいたま市
中部空港でボーイング787初号機が「引っ越し」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加