最新ランキングをチェックしよう
電通の過労死裁判、「人の命が失われても罰金50万円」が象徴する日本の現実

電通の過労死裁判、「人の命が失われても罰金50万円」が象徴する日本の現実

  • Business Journal
  • 更新日:2017/10/13

労働基準法違反罪に問われていた電通に対して、東京簡易裁判所は10月6日に求刑通りとなる罰金50万円の判決を言いわたした。
 電通では2015年12月に新入社員だった高橋まつりさんが長時間労働の末に自殺しており、違法残業の問題が取り沙汰されていた。9月22日に開かれた初公判では、同社の山本敏博社長が出廷し、起訴内容について「間違いありません」と認めて謝罪したことも話題になっていた。
 この判決につい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
不倫相手の子供を妊娠した女性に起こった「まさかの結末」に衝撃走る
ニコ生主「暗黒放送の横山緑」こと久保田学さんが議員に 立川市議選で当選確実!
中国人観光客が棒や酒瓶で殴られる、ある一言が原因に―中国メディア
北海道日本ハム・斎藤佑樹が“定期的に先発”できるワケ......「入団時に交わされた密約」とは
日本人が働かない。コンビニが救いを求めた、おばあちゃん店員の品格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加