最新ランキングをチェックしよう
電通の過労死裁判、「人の命が失われても罰金50万円」が象徴する日本の現実

電通の過労死裁判、「人の命が失われても罰金50万円」が象徴する日本の現実

  • Business Journal
  • 更新日:2017/10/13

労働基準法違反罪に問われていた電通に対して、東京簡易裁判所は10月6日に求刑通りとなる罰金50万円の判決を言いわたした。
 電通では2015年12月に新入社員だった高橋まつりさんが長時間労働の末に自殺しており、違法残業の問題が取り沙汰されていた。9月22日に開かれた初公判では、同社の山本敏博社長が出廷し、起訴内容について「間違いありません」と認めて謝罪したことも話題になっていた。
 この判決につい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「診断書書いてくれず」医者刺した容疑 患者を逮捕
コストコ ハム詰め合わせから「リステリア菌」検出 回収へ
「マクドナルドで会おう」という名のヘアカット 校則で禁止に(英)
「コーヒーがない!」女性客が大暴れ... 中央線遅延トラブルの一部始終目撃談
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加