最新ランキングをチェックしよう
【記者の目】2段モーションセーフで投球フォームに関し問われるモラル

【記者の目】2段モーションセーフで投球フォームに関し問われるモラル

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

◇プロ、アマ合同野球規則委員会(2018年1月11日)

昨年8月17日の楽天戦で反則を取られた西武・菊池

 2段モーションなどは反則投球――。野球規則に日本独自の注釈が加えられたのは40年以上前。打者とのタイミングを外そう、幻惑しようなどの投球動作が増え、規制しようとしたのが契機だった。それが現在まで続き、厳格化が叫ばれた06年には三浦(横浜)、岩隈(楽天)らが2段モーションによる違反とされ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ゴージャスな金ピカ水着に反響!“日本一黒いグラビアアイドル”・橋本梨菜が魅せた告知ショットが美しすぎると話題に!
これさえあれば快適に過ごせます!入院した時に重宝する便利ガジェット4選
松本人志「あいさつせなアカン」松井珠理奈に苦言
深田恭子が極上ボディを見せつけた!「透けるドレスのFカップ」が悶絶モノ
10人ドイツが奇跡の逆転劇...全敗韓国にもGL突破の可能性残る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加