【記者の目】2段モーションセーフで投球フォームに関し問われるモラル

【記者の目】2段モーションセーフで投球フォームに関し問われるモラル

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

◇プロ、アマ合同野球規則委員会(2018年1月11日)

No image

昨年8月17日の楽天戦で反則を取られた西武・菊池

2段モーションなどは反則投球――。野球規則に日本独自の注釈が加えられたのは40年以上前。打者とのタイミングを外そう、幻惑しようなどの投球動作が増え、規制しようとしたのが契機だった。それが現在まで続き、厳格化が叫ばれた06年には三浦(横浜)、岩隈(楽天)らが2段モーションによる違反とされ、昨年の菊池同様に修正が求められた。

20年東京五輪を見据え、改正して国際基準に合わせるのは大きな動きだ。一方でペナルティーがなくなるとなれば、どんな投げ方をしてもいいのか。投球フォームに関しては投手自身の「モラル」が問われる。NPBの井野修規則委員は「注釈がなくなっても“何でもあり”ではない」と訴えた。大切なのはマナーやフェアプレーの精神。母国開催の五輪が待っているとなれば、なおのこと重要だ。(NPB担当・鈴木 勝巳)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ヒール化」が始まった高梨沙羅 それでもメイクをやめられない“2つの理由”とは
劇的ビフォーアフター!阪神・藤浪、カーショー直伝カーブで復活手土産
DeNA・宮崎の活躍は“香り”のお陰!?「パフォーマンスを持っていくうえで匂いは大切」
“美人すぎる野球選手”加藤優が堂々1位! 女子プロ野球「美女9総選挙」結果発表
もうすぐ球春到来!今年のブレイク候補は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加