山尾志桜里氏の地元・愛知県の後援会長が辞任 取材に議員への苦言も

山尾志桜里氏の地元・愛知県の後援会長が辞任 取材に議員への苦言も

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/11/14

週刊文春に不倫相手と報じられた倉持麟太郎弁護士(34)を政策顧問にする意向を神奈川新聞で表明した山尾志桜里衆院議員(43)の選挙区、衆院愛知7区の地元後援会長が14日までに辞任した。

13日発行の夕刊フジによると、辞任したのは、東郷町後援会長を務めてきた野々山利博氏(78)。12日の役員会で了承されたという。

夕刊フジの取材に、野々山氏は「(辞任は)8月から申し入れていたもので、10月には役員交代の話も出ていたが、衆院選が始まるから『そのままでいこう』という話になっていた」と説明。山尾氏が倉持氏を政策顧問に起用することを明らかにした直後のタイミングでの辞任について「山尾さんとは関係ない。選挙の総括も含めていい機会だと思った」としている。

野々山氏は地元後援会長として、山尾氏の言動に苦言を呈してきた。

倉持氏の政策顧問起用について「(報道されてから約2カ月という)タイミングとしては“ノー”だ。国民や支援者の気持ちを大事にしているんだったら、1年後でもよかったと思う」などと語っていた。思いは今も変わらないという。倉持氏の起用についても説明はなかったという。(WEB編集チーム)

No image

壇上で手を叩く山尾志桜里候補=23日午前1時29分、愛知県長久手市(安元雄太撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
都内で震度5強を想定 ヘリなど使い大規模訓練
5つ星ホテルで無銭飲食したホームレス男性、逮捕されるも同情の声集まる(英)
白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」
来年3月から生まれ変わる小田急電鉄〝白紙ダイヤ改正〟の中身
イオンの「ブラックフライデー」再び! 4日間のセールを見逃すな
  • このエントリーをはてなブックマークに追加