ポケット代わりに使える!落語家・林家彦いちの袖形かばん

ポケット代わりに使える!落語家・林家彦いちの袖形かばん

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/13
No image

某日都内某所、一席おつきあいさせていただいたのは、落語界きっての鞄好きである林家彦いちさんと、株式会社アドの鞄ブランド「フルクリップ」の打ち合わせだ。

「もう袋が好き。物を小分けにするのが好き」と語る彦いちさん。その鞄好きは「ケブラー繊維とか、シエラの60 /40素材とか、知らない素材を聞けばお店に出かけていた」と、専門用語がポンポン飛び出るほどだ。「でも、ないものは作らなきゃ。それが完成したときの喜びたるや、です」と、得意とする創作落語に通じることを仰る。

No image

9.7インチiPadも入る絶妙サイズ

文庫本や手帳はもちろん、iPadの9.7インチモデルまで収納できる。内ポケットの和柄がアクセントだ。

今回、彦いちさんが提案したのはデニム製のサコッシュ。元々は自転車レースにおいて水分や栄養補助食品を走行しながら受け渡すための袋だが、それを自身も愛してやまないデニム素材で作った。

No image

二つ折り財布とスマートフォンを想定したポケット

取り出す頻度が高いスマートフォンと財布は、フロントに備えた専用ポケットにそれぞれ収納できる。

「ないものは作る、という考えに共感しています。当社のジェットグライドという特許技術もそうした考えから生まれました」と同調するのは、「フルクリップ」のプロダクトデザイナー・平垣亨さん。このジェットグライドは、ショルダーベルトの長さをワンタッチで調節できるもので、今回の鞄「袖形かばん」には不可欠な技術だ。

No image

背面に扇子ポケットを隠す遊び心

「なんて奥ゆかしいポケットなんだろう(笑)」と彦いちさんもご満悦の扇子用の隠しポケット。

「鞄は物が入ると重くなりますが、江戸時代の風呂敷のように、ギュッと体に密着させると軽く感じる。物の重みで鞄が体に密着するとも言えます」と平垣さん。「物が入ることで鞄が完成するんだよね」と、この鞄のサンプルを1か月使用してきた彦いちさんも大満足だ。

No image

■岡山県産の上質デニムを採用

■マチ幅3cmの絶妙な薄さ

■ミルスペック規格のパラシュートコード

アメリカ軍が採用する物資の規格であるミルスペックをクリアしたパラシュートコードを使用。

「ポケットが膨らんでるあなた、この鞄を掛けてください(笑)」と、彦いちさん。バッグの裏側には扇子ポケットを備えるなど、遊び心とこだわりにあふれる小さな鞄を楽しんでほしい。

No image

ベルトを外せばクラッチバッグに

ショルダーベルトを取り外して小脇に抱えれば、流行りのクラッチバッグに早変わり。

No image

特許構造ジェットグライドでベルトの長さを簡単調節

ワンタッチでベルトの長さが調節できる特許構造。自転車に乗るときは短く、電車やバスに乗るときは長いほうが使いやすいなど、ベルトの長さが簡単に変えられるので便利だ。

No image

内ポケットの柄は鮫肌小紋!!

No image

彦いちさんの型押しマークが革パッチに入る

彦いちさんのオリジナルマーク「でんでんこぶし」を牛革パッチに丁寧に型押しする。

No image

[『大人の逸品』×フルクリップ]
落語家・林家彦いちの袖形かばん 7,990円

初回限定 250

縦20×横30×マチ幅3cm、約230g。ショルダーベルトの長さは79〜132cm(特許ジェットグライド仕様)。綿(岡山産デニム)、ナイロン、パラシュートコード(ミルスペック)ほか。前面にファスナーポケット(縦14.5×横19.5cm)×1、フラップ式面ファスナーポケット(縦14.5×横9cm)×1。背面にオープンポケット×1、扇子用隠しファスナーポケット×1。内部にオープンポケット(鮫肌小紋柄)×3。日本製。

■関連情報
http://www.pal-shop.jp/products/detail.php?product_id=23960

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米MS「Surface Book 2」発表、デザインそのまま高性能な15"モデル追加
ソニーの新たなホームロボット「Xperia Hello!」登場 家族を識別して話しかけコミュニケーションを促進
WPA2のWiFi脆弱性から身を守る方法――KRACK攻撃の内容と対策
マウス、マウスパッド、ヘッドセットがセットで3000円台のお買い得モデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加