大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(小松菜編)

大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(小松菜編)

  • It Mama
  • 更新日:2017/11/12
No image

source:http://www.shutterstock.com/

朝晩の冷え込みは、これから旬を迎える作物にとっては必要不可欠! 通年を通してスーパーでみかける“小松菜”も、寒さとともに美味しくなってきました。

霜が降りるくらい寒くなるころが本当の旬と呼ばれますので、これからが楽しみですね♪

そこで、今回は管理栄養士で1児のママである筆者が、シリーズで紹介している、「じゃがいも編」「かぼちゃ編」「里芋編」「さつまいも編」「大根編」に引き続き、今からが旬の小松菜を使った赤ちゃんから大人まで楽しめるように展開したレシピをご提案します。

No image

女性の味方!? 「カルシウム・鉄分」が豊富な小松菜

小松菜は、緑黄色野菜の特徴であるβカロテン・ビタミンCなどのビタミン類はもちろん含まれるのですが、カルシウム・鉄分などの“ミネラル類”の含有量が多いことが特徴です。

100gあたりのカルシウムは牛乳より多く、100gあたりの鉄分はほうれん草より多いのです。(※1)

女性に不足しがちなカルシウムと鉄分を、低カロリーな野菜で補給できるのはありがたいですよね。

小松菜は本当に女性の味方です♪

(カルシウムの体内吸収率は、牛乳の方が優位です。小松菜を食べれば牛乳が必要ないというわけではありません。※2)

「小松菜と豆腐入り肉だね」から大人用と子ども用に簡単展開レシピ

今回は「小松菜と豆腐入り肉だね」から大人用と子ども用の食事に展開していきます。

まずは基本となる”肉だねレシピ”の紹介です。

(1)小松菜と豆腐入り肉だね

●材料・みじん切りにしてゆでた小松菜・・・1束・豆腐・・・1/3丁・豚ひき肉・・・200g

作り方は材料をボウルで混ぜ合わせるだけ! これで「小松菜と豆腐入り肉だね」の完成です。

ここから大人用と子ども用の食事に展開していきます。

※この状態で冷凍保存が可能です。1回量ずつラップで包んでフリージングバッグに入れ、1~2週間を目安に出来るだけ早く使い切りましょう。肉の分量が多いので離乳食に用いる場合は、豆腐を足すか、他の野菜と組み合わせて使用してください。

(2)離乳食中期メニュー:「小松菜と豚ひき肉のあったか白和え風」

No image

Photo by author

●材料・小松菜と豆腐入り肉だね・・・大さじ1・豆腐(追加分)・・・10g・醤油・・・1~2滴・水溶き片栗粉・・・片栗粉:小さじ1/4~1/2 + 水:小さじ1/2~1

【作り方】

(1)小鍋に“肉だね”を入れて中火にかけます。豚肉の色が白っぽく変わったら、追加分の豆腐を加え、醤油で味を調えます。

(2)鍋の中が沸騰したら、水溶き片栗粉を少しずつ加えて手早く混ぜて出来上がりです。

※1回量ずつお弁当用のカップに小分けしてケースにいれ、冷凍保存が可能です。保存期間は1週間を目安に出来るだけ早く使い切りましょう。

解凍後“とろみ”が足りないときは、再度とろみをつけるか、おかゆに混ぜて食べさせてあげて下さい♪

(3)小松菜を主役に!「小松菜の肉団子~中華風にゅうめんスープとともに~」

No image

Photo by author

●材料【肉団子】・小松菜と豆腐入り肉だね・・・残り全部・卵・・・1個・醤油・・小さじ1

【中華風にゅうめんスープ】・白菜・・・2枚・人参・・・1/3本・そうめん・・・2束・鶏ガラスープの素・・・大さじ2・薄口しょうゆ・・・小さじ1・水・・・600~700ml・ごま油・・・小さじ1・ごま・・・お好み量・ラー油・・・お好み量

【作り方】

(1)ボウルに肉団子の材料を入れ混ぜ合わせておきます。(柔らかい“肉だね”ですが問題ありません。)

(2)鍋に水と鶏ガラスープの素を入れて沸騰させ、ざく切りにした白菜と細切りにした人参を加えます。

(3)白菜と人参が柔らかくなったら、肉団子をスプーンですくって落とし入れます。

(4)肉団子に火が通ったら、そうめんを“乾麺のまま”入れ、麺がくっつかないように1~2分かき混ぜます。

(5)器にゆであがったそうめんと肉団子を先に盛り付けます。

スープを味見して塩気が足りなければ薄口しょうゆを入れて味を調え、ごま油を加え火を止めます。そうめんをゆでると、そうめんの塩気がスープに移ります。必ず味見をして下さい。

(6)そうめんと肉団子を盛り付けた器に、野菜の入ったスープを注いでごまを振りかけ、ラー油をお好みで垂らしたら完成です。

※肉団子は生の状態で冷凍保存が可能です。ラップに包み、フリージングバッグに入れ、1~2週間を目安に出来るだけ早く使い切りましょう。

いかがでしたか?

今回は「小松菜と豆腐入り肉だね」を離乳食と大人メニューに展開してみました。

小鉢になりがちな小松菜を、大人メニューでは主役の肉団子に入れているので、気づかないうちにたくさん小松菜を食べられるところがおススメです♪

ピリ辛な味付けで食欲をそそるので、パパも大満足間違いなし! 寒い日は温かいにゅうめんがピッタリなはず。

肉団子はお鍋の具としても使えるので、たくさん作って冷凍保存しておくと重宝しますよ!

ぜひ、お家の小松菜メニューに加えて下さいね♪

【参考・画像】

※1日本食品標準成分表2015年版(七訂)- 文部科学省

※2金谷昭子(2004)『食べ物と健康調理学』医歯薬出版 – Amazon

※ Nanako Yamanaka / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【裏ワザ】水の代わりに〇〇を加えると「天ぷらの衣」がサックサクになった!
1度の仕込みで4度おいしい“一石四鳥レシピ” トレンドは「作りおき」から「つくわけ」へ!
【市販品で楽チン】「焼きプリンタルト」が家で美味しく作れたー♪
チャーハンの「最適な炒め時間」が判明!パラパラチャーハンを作る「黄金ルール」【主夫めし】
お財布が苦しい時の強い味方! 豚こま肉で簡単フルコースを作ろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加