最新ランキングをチェックしよう
30年前に感染の真菌症 70歳で発症し精神錯乱 日本でも増加

30年前に感染の真菌症 70歳で発症し精神錯乱 日本でも増加

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/11/25

真菌症「ヒストプラスマ症」の病原菌の顕微鏡写真(CDC/ Dr. Libero Ajello) 30年前に旅先で感染した真菌症が、70歳になって発症するという珍しいケースが米国で報告された。「ヒストプラスマ症」といって、患者の男性は錯乱状態になり、検査の結果、両方の副腎に悪性腫瘍が転移し、脳にまで感染が広がっているおそれがあることが判明した。
 
 国立感染症研究所によると、「ヒストプラスマ症」は

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ぺこ、加工一切ナシの「どすっぴん」公開 産後ママのリアルな姿に絶賛の声
豊田市・小1男児が熱中症で死亡 エアコン設置が遅れている自治体首長の「残念な発言」
バツグンのボディが美しすぎて困る!人気グラビアアイドル・岸明日香の“競泳水着ショット”に反響続々
ステンレス製の水筒にスポーツドリンクは要注意! 中毒症状のおそれも
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加