ソフトバンクM1 デスパイネ、死球に燃えたV打

ソフトバンクM1 デスパイネ、死球に燃えたV打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

6回裏ソフトバンク2死満塁、デスパイネは中前に勝ち越し2点適時打を放ち、ガッツポーズ(撮影・梅根麻紀)

<ソフトバンク7-4オリックス>◇14日◇ヤフオクドーム

ソフトバンクが2年ぶりのリーグ優勝に王手をかけた。アルフレド・デスパイネ外野手(31)が、勝ち越しの2点適時打と本塁打王争い単独トップの32号2ランを放つ4打点の大活躍。楽天が敗れて優勝マジックは、広島と同じく「1」となり、明日16日の西武戦(メットライフドーム)で勝つか引き分ければ、工藤公康監督(54)が宙に舞う。

貫禄の一打だった。3点のリードを追いつかれ、迎えた6回。デスパイネが2死満塁から勝ち越しの中前2点タイムリーを放った。打球が中前に抜けると右拳を握りしめ、一塁にたどり着くと再びガッツポーズ。喜びを爆発させた。

「あそこで勝ち越せば岩崎やサファテがいる。あれで勝ちを確信した。本当はホームで決めたかったけど、気持ちを切り替え(西武との)1戦目で決めたい」

伏線があった。初回2死二、三塁のチャンス。フルカウントから死球を食らっていた。太い右腕に直球を当てられた温厚なキューバ人助っ人は、珍しく怒りをあらわにし、ディクソンをにらみつけていた。

最初のお返しは逆転2ランだった。1点を先制された直後の4回無死一塁から中越えに一時逆転の2ラン。2ストライクから3球ボールを見送り、6球目の変化球を強振。死球の怒りをバットにぶつけた。2試合連続の1発は、並んでいた日本ハムのレアードを抜く32号となり、リーグ単独トップに躍り出た。

打点もこの日の4打点を加え94打点。西武浅村を抜いて、リーグトップ柳田の95打点に1点差に迫る。昨年の92打点を上回り、「100打点以上あげたい」との目標達成は目前で、来日4年目で初の本塁打と打点の2冠も見えてきた。

お立ち台には初めて同じキューバ出身のモイネロと2人で登場した。「ストライク先行でいけば必ずいいことがあるから」。日本で成功するためのアドバイスを送ってきた弟分と一緒に、お決まりの「デスパ・イイネ!」ポーズを決め、優勝を待ち望むスタンドのファンを沸かせた。

工藤監督は言った。「明後日の試合もみんなで全力で勝ちにいくことに集中していく」。舞台は16日からの敵地、西武3連戦に移る。目指すは、9月17日にリーグ優勝を決めた15年を1日上回るリーグ史上最速V。ゴールはもう目前だ。【福岡吉央】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
リーグV奪回ホークス、なぜ強い?
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
中日・浅尾 技巧派に“変身” 最速142キロ「反省は多い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加