リオ銅の奥原希望、右肩痛で涙の棄権「五輪終わってから苦しかった...」

リオ銅の奥原希望、右肩痛で涙の棄権「五輪終わってから苦しかった...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

「バドミントン・全日本総合選手権」(1日、代々木第二体育館)

女子シングルス2回戦が行われ、リオデジャネイロ五輪銅メダリストの奥原希望(21)=日本ユニシス=は、鈴木温子(ヨネックス)に第1ゲームを23-25で奪われると、第2ゲームで2-11とされたところで途中棄権し、8強入りを逃した。

今月中旬の中国オープンを右肩痛で棄権し、所属の小宮山監督によると「正直、出れるような状態ではなかった」という中での試合だった。全力でのショットは止められている中、粘りのラリーを見せたが、途中で息が上がる場面もあり、調整不足は深刻だった。

試合後は瞳から大粒の涙がこぼれ落ちた。「こういう形で終わってしまって、悔しいし、残念。全日本は日本一を決める大会だし、特別な舞台。簡単に出場しないという決断はできなかった」と、強行出場の理由を説明。今大会は来年の代表選考会を兼ねている。五輪メダリストの実績から、強化本部推薦でのナショナルチームA代表入りは確実とみられるが、本人は「そこは覚悟して出た」と、代表漏れの可能性も覚悟した。

日本女子シングルス初の五輪メダルを獲得した充実のシーズンの最後に訪れた試練。ただ、奥原は「五輪が終わってから(怪我で)苦しかった。でも、この壁も乗り越えていきたい」と涙を拭い、前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジョコビッチ王座奪還へ練習時間「増やすべき」、ベッカー元コーチ
ベッカーと別離のジョコビッチ「僕がすべての未来の決断を行う」
今井慎太郎 第1シードに勝利
錦織vsマレーの死闘が5位
奈良 元1位ヒンギスに完勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加