【B.LEAGUE NOTEBOOK(2)】ミニインタビュー:ジョシュ・チルドレス(三遠ネオフェニックス #7)

【B.LEAGUE NOTEBOOK(2)】ミニインタビュー:ジョシュ・チルドレス(三遠ネオフェニックス #7)

  • J SPORTS
  • 更新日:2016/11/29
No image

【B.LEAGUE NOTEBOOK(2)】
ミニインタビュー:ジョシュ・チルドレス(三遠ネオフェニックス #7)

Q (11月26日の横浜ビー・コルセアーズ戦で)負けてしまいましたが、4Q最後まで戦う姿勢を見せていましたが、実際のところどんな試合でしたか
チルドレス「我々にとって今シーズン最悪の試合と、(藤田弘輝)コーチが言っていた。オフェンスもディフェンスもきちんと遂行できなかったし、自分自身も苦戦を強いられた。明日勝つために、立ち直らなければならない」

Q 苦戦したといいましたが、チームに合流したのは約1週間前で、練習もほとんどできていませんし、今日が2試合目ですよね
チルドレス「今は私にとってプレシーズンのようなものだ。1か月ほどプレイしていなかったし、チーム、カルシャー、リーグのことなどに慣れようとしている段階。もちろん、言い訳じゃない。時間をかけてよくしていくしかない」

Q 日本でのプレイは初めてで、国ごとにバスケットボールのスタイルが違うと思います。日本のスタイルへの順応に少し苦しんでいる時期という感じですか
チルドレス「そういうわけではなく、とにかく順応しなければならないだけ。勝利を手にするために、私はなんでもするつもりだ」

No image

Q 日本のスタイルに対しての印象は
チルドレス「気に入っている。ペースは速いし、3Pもたくさんあるし、私はスリーマン(スモールフォワード)だから、大きくて強い相手とのマッチアップにも慣れないとね。とにかく集中してプレイし、勝利の助けになればと思っている」

Q オーストラリアでプレイした時も、より大きな選手とのマッチアップがあったのですか
チルドレス「ときどきで、常にというわけではない。オーストラリアでは出場時間が長かったけど、日本だと(ある程度)限定されることも慣れなければならない。ここまで20分ほどのプレイではインパクトを残せていないけど、私にとって今は順応の時期であり、とにかくポジティブな姿勢を持ち続けるしかない」

Q 三遠から声がかかるまで、日本のバスケットボールについての情報はありましたか
チルドレス「なかった。日本でプレイしている友達2人、ドリュー・ヴァイニー(富山グラウジーズ)とローレンス・ヒル(京都ハンナリーズ)が唯一の情報源であり、彼らは“日本を気に知っているよ”と話していたくらいだね」

Q このチームに何をもたらしたいと思っていますか
チルドレス「勝利だ。個人的にはもっと得点し、よりいいディフェンスをし、多くのリバウンドを奪い、チームメイトにチャンスをクリエイトすることだ。勝利のために貢献できればいい。今夜に関しては、それができなかった」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「東京五輪への推薦状」第30回:栗田マークアジェイの“タダモノ”ではない素材感。憧れの西が丘経てアンリ目指す
モロッコでは3位も...日本での1勝目指したオークランドDF岩田「ここで結果を残したかった」
丸高、サッカー柿谷と結婚!ペアルックで報告
なでしこ鮫島「チンチンでした」大敗振り返る
「優勝の余韻がまだあったのかな」同点アシストの永木は入りの悪さを反省
  • このエントリーをはてなブックマークに追加