全然意味が違う「誤解されやすい方言」とは?東京のきつねは大阪ではたぬき!

全然意味が違う「誤解されやすい方言」とは?東京のきつねは大阪ではたぬき!

  • TABIZINE
  • 更新日:2017/08/12
No image

地域によって異なる日本の方言は、美しく味わいのあるものです。ただし、耳慣れた言葉が、方言では異なる意味を持つ場合があります。同じ国なのに、意味が通じないなんてややこしいですね。

篠崎晃一氏の著書『誤解されやすい方言小辞典』から、意味がまったく異なる、誤解されやすい方言を紹介しましょう。

ややこしい「東京のきつねは大阪でたぬき」

No image

(C) PR TIMES

•東京では、うどんであれ蕎麦(そば)であれ、「揚げ玉(天かす)」がのっていれば「たぬき」と呼ぶ。ところが、大阪で「たぬき」を注文すると、甘辛く煮た油揚げをのせた蕎麦が運ばれてくる。東京の「きつね蕎麦」が「たぬき」に化けてしまったのである。

•もともとうどんが標準的な大阪の食文化のなかで、甘辛く煮た油揚げをのせた「うどん」が「きつね」として食されてきた。そこに標準から外れた蕎麦を使ったことで「たぬきに化けた」ととらえられたわけである。

•つまり、「きつね」と「たぬき」は、東京では具の違いであるが、大阪では蕎麦かうどんかの違いであって、具は油揚げと決まっているのである。

篠崎晃一氏著 「誤解されやすい方言小辞典」より

大阪人が、東京で「たぬき」と注文して「そば? うどん?」と聞かれ、出てきたのは揚げ玉ののった蕎麦。日本の東西間のカルチャー・ショックのひとつでしょう。東京での「たぬき」は揚げ玉を意味し、大阪では「きつね」「たぬき」ともに具は甘辛い揚げを指し、「きつね」はうどん「たぬき」はそばと麺類の違いを意味するそうです。それゆえに、「きつねそば」「たぬきうどん」は存在しないそうです。

さらに京都では、東京人が理解出来ないメニュー構成になっています。京都では、一般的には、味のない短冊状の油揚げがのったうどんが「きつねうどん」、それがあんかけになると「たぬきうどん」となります。

「あんかけでドロッとしている」ことから、きつねが「ドロン」と化けて、たぬきになったと言われるそうです。さらに、甘辛く煮た三角形の油揚げがのったうどんは「甘ぎつね」うどん。ややこしいですね。

上記は東京出身の筆者は知らず、ビックリしました。

[京都のうどんの謎 たぬきは化ける!? そうだ京都、行こう]

[キツネとタヌキのうどんとそばが、京都と大阪で違いすぎる! Tenki.jp]

「背中、かじって」ってどうすればいいの??

No image

(C)PR TIMES

●山梨では、「背中をかじる」「頭をかじる」などのように「かゆいところをかく」の意味で使われる。長野・ 静岡の隣接する地域でも使う。

●方言であることに気づいていない人も多く、東京に住む孫に「背中かじって」とたのんだら歯型をつけられたとの失敗談もある。

篠崎晃一氏著 「誤解されやすい方言小辞典」より

「背中をかじる」とは、「かゆいところをかく」の意味だそうです。こちらも知っている人が少ないのではないでしょうか。「背中かじって」と言われたら、「???」とビックリしますよね。

「足、ながめれ」って言われても

No image

(C) PR TIMES

●青森・秋田・岩手などでは「長くする」、つまり「伸ばす」の意味で使われる。ただし、足を伸ばす場合に限って使われることが多いようだ。

●これは「足をくずしてくつろいでください」との意味を込めた心遣いなのである。

篠崎晃一氏著 「誤解されやすい方言小辞典」より

「足、ながめれ」とは、「眺める」ではなく、「足をのばしてください」ということを意味するそうです。東北なまりが強いと、とっさに理解できない場合もありそうです。そういえば、「足をくずす」「膝をくずす」というのも、地方によっては通じないかもしれないですね。

日本国内でのカルチャーのギャップ

No image

他にも、愛知・岐阜などの方言で「この服、少しきもいんで、別のを持ってきてもらえますか」の「きもい」とは、「きつい」「窮屈」ということを意味するそうです。

試着室でショップのスタッフに言ったら、「ウチの服が気持ち悪いと言われた」とショックを受けるかもしれませんね。

同じ言葉でも、方言になるとまったく意味が違うのが不思議ですね。狭い日本と思っていたのに、国内でもカルチャーのギャップがあるのです。方言について、もっと色々知りたくなりますね。思う以上に、奥が深そうですよ。

[東京のきつねが大阪でたぬきにばける!? 共通語だと思っていたのに方言だった?! そんな「誤解されやすい方言」が大集合]

[Photos by shutterstock.com]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ビーチに寝ころんだら...島とシンクロしてしまった!」完全に一致している写真
左利きの人が日々直面している、ちょっとうんざりな10の事実
「認知症の親」の銀行口座 お金はどうやって降ろせばいいのか?
【ポップな心霊論】「霊感なくても、野生の勘は信じるべき」
【奈良】毎朝危険運転で目撃されるという車がヤバい。。道交法を完全無視
  • このエントリーをはてなブックマークに追加