いぶし銀の巨人寺内V打でヒーロー「強い気持ちで」

いぶし銀の巨人寺内V打でヒーロー「強い気持ちで」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

ファンの声援に応える巨人寺内(撮影・横山健太)

<巨人5-2阪神>◇10日◇東京ドーム

いぶし銀の巨人寺内崇幸内野手(34)が、決勝打でヒーローになった。

同点の7回無死一、二塁、長野のピンチヒッターとして代打で出場した。2球目にきっちりと犠打を転がし、1死二、三塁としてチャンスを拡大した。

そのまま二塁守備につくと、同点の8回2死満塁で打席が巡ってきた。前打者の村田が敬遠気味の四球で歩かされた直後。「そうなるだろうと思っていました。何が何でも打ってやろうという強い気持ちで、ファーストストライクを狙っていきました」。カウント1ボールから阪神マテオの151キロ直球をはじき返し、左翼へ2点適時二塁打を放った。二塁上では会心のガッツポーズ。「以前にバントを失敗したりして、チームに貢献できていなかった。いつも失敗を次にどうつなげるかを考えてやっている。本当にうれしいです」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか...データで見る昨季との貢献度の差
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
巨人V10阻止、赤ヘル軍団「生みの親」...球史に名を残した歴代外国人監督
  • このエントリーをはてなブックマークに追加