「進撃の巨人」など無断複製、自炊代行業者を逮捕 データ使い回し、書籍裁断せず売却など「極めて悪質」

  • ITmedia
  • 更新日:2016/12/01

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の発表によると、京都府警は11月30日、権利者に無許諾で書籍をデジタルデータ化し、DVD-Rに複製・譲渡していた著作権法違反の疑いで、京都市左京区の自炊代行業の男(35)を逮捕した。

調べによると男は今年4月〜7月にかけ、2人の顧客から送られたコミックを電子データ化し、PCのストレージに複製した上で、DVD-R 3枚にコピーし、顧客2人に譲渡して代金計5700円を受け取っていた疑い。

男が複製した作品は「坂本ですが?」(KADOKAWA)、「未来日記」(同)、「進撃の巨人」(講談社)、「暗殺教室」(集英社)、「るろうに剣心」(同)、「アフォガード」(スクウェア・エニックス)などで、各出版社が告訴した。

京都府警の捜査員が、男が運営する自炊代行のWebサイトを発見して発覚した。男は2011年ごろから自炊代行事業を始め、これまでに約2万6000点相当の自炊代行を請け負い、少なくとも約750万円の売り上げがあったとみている。

顧客から送られた書籍が重複した場合、過去に複製したデータを使い回して提供。届いた書籍は裁断せずに古書店に売却し、利益を得ていたほか、顧客から書籍を送らせることなく、注文に応じてデータをDVDに複製して販売していたこともあるという。このような行為は「極めて悪質」で、「出版社・著作権者は看過できず、刑事告訴に踏み切った」とACCSは説明している。

今年3月、自炊代行が著作権侵害に当たると最高裁が判断した訴訟の終結後、自炊行為そのものが刑事摘発されるのは初という。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
暴行死「もう一人の孫の方がかわいかった」
ソロモン諸島沖地震 山口〜九州北部で海面変動に注意 海保
三反園・鹿児島知事判断示さぬまま 川内1号機運転再開 反原発派「言い訳ばかり」
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加