スリッパ、古いポスター...医師が教える“ヤブ医者”の特徴

スリッパ、古いポスター...医師が教える“ヤブ医者”の特徴

  • 女性自身
  • 更新日:2019/11/22

「私はこれまで医学部時代から十数年、医療の世界に身を置いていますが、適切な診療能力や治療能力を持たない“ヤブ医者”が多いことに心を痛めてきました。現役の医者の約3割がヤブ医者と言っても過言ではないのです」
そう啓発するのは、関節リウマチと膠原病を専門とする内科医の金子俊之先生。あるとき、金子先生が特に危機感を抱いた出来事があったという。詳細はこうだ。
関節リウマチで手足がパンパンに腫れた30代半ば

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加