ジープ グランドチェロキー、米国でリコール...燃料漏れのおそれ

ジープ グランドチェロキー、米国でリコール...燃料漏れのおそれ

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/02
No image

米国の自動車大手、FCA USのジープブランドの主力車種、『グランドチェロキー』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「FCA USから、ジープ グランドチェロキーとダッジ『デュランゴ』に関するリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、燃料系統の不具合が原因。NHTSAによると、3.6リットルV型6気筒ガソリンエンジンが製造上の不具合により、燃料管を破損。燃料が漏れるおそれがあるという。

リコールの対象となるのは、2016年モデル。2016年2月上旬から2016年4月下旬にかけて生産され、米国で販売された3万0183台がリコールに該当する。

FCA USでは、対象車を所有する顧客に連絡。販売店において点検を行い、燃料管を交換するリコール作業を行う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家スマイルマン:12月物色されやすい材料を持つ注目個別銘柄!
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
欧州為替:ドル・円は114円33銭から114円61銭まで強含み
米労働長官に「ハーディーズ」経営者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加