ヤクルト原「追いついてもらったのに」5失点KO

ヤクルト原「追いついてもらったのに」5失点KO

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

ヤクルト先発の原樹理(撮影・渦原淳)

<広島7-4ヤクルト>◇17日◇呉

ヤクルト原樹理投手(24)が、4回7安打5失点でKOされた。

初回に2点の援護を受けた直後に松山に同点2ランを浴び、2回には田中に勝ち越し2点適時打。4回に山田哲の3号2ランで同点となった直後に田中にこの日2本目の適時打で勝ち越しを許すなど、毎回走者を背負ってリズムをつくれなかった。

「野手の方に先制してもらって追いついてもらったのに、先発の役目を果たせなくて申し訳ないです」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷 メジャー流チェンジアップ攻めに3三振
阪神・ロサリオはぬるま湯体質だった!?
久保康友 米独立リーグの球団と合意 阪神、DeNAなどでプレー
前DeNA久保康友投手が米独立リーグと契約
横浜は順位が下位ばかりなので早くチームの力になりたいー若者達の思い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加