【アート】東山魁夷の生誕110周年を記念する展覧会 初期から晩年までの約80点を紹介

【アート】東山魁夷の生誕110周年を記念する展覧会 初期から晩年までの約80点を紹介

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2018/02/17
No image

今年で生誕110周年を迎える東山魁夷。その画業を辿る展覧会が、開館35周年を迎える東京富士美術館にて3月4日(日)まで開催されている。

東山魁夷は、簡潔な画面構成による表現と画風を展開させ、独自の自然観を叙情性豊かに描き出した画家。日本の四季や世界の自然、街角を主題に、深い精神性をたたえる心象風景を作品に残してきた。

今回の展覧会では長野県信濃美術館・東山魁夷館が所蔵する作品を中心に展示。試作品やヨーロッパ、北欧の風景、白馬の見える風景シリーズを含む約80点が紹介されている。また作家の代表作と共に、制作過程を垣間見ることのできるスケッチや習作などの貴重な準備作品も鑑賞することができる。

2月25日(日)には東山魁夷がモーツァルトをこよなく愛したことに関連して、コンサート『東山魁夷が愛したモーツァルト~藤井亜紀(ピアノ)&カルテット・グラーツィア』を開催。東山の作品『緑響く』はモーツァルトの「ピアノ協奏曲23番K.488第2楽章」に大きなインスピレーションを受けて制作されたという。

なお長野県信濃美術館および同館の東山魁夷館は現在改修・改築工事のため休館している。休館前の特別展では同館の所蔵する東山魁夷の本制作34点全てを展示し、2万5千人の来場客を記録した。

その東山魁夷館のコレクションが集う今回の展覧会。戦中戦後の苦難の時代を経て、風景の美しさに開眼した東山魁夷の作品を広く楽しむ絶好の機会となりそうだ。

東京富士美術館開館35周年記念『東山魁夷展 ―長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[今週のナタリー]興毅ドキドキセクシーあゆ
恋する篠崎愛によるメジャー1stフルアルバム
ART-SCHOOL、「コントラスト」がテーマの新MVは2本で1つの作品に
THE PINBALLS、1stシングル「Primal Three」発売&全国ツアー開催決定
ART-SCHOOL、新作MV2本同時公開。2曲合わせて1つの作品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加