博多駅前陥没 第三者委員会が初会合

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/29

今月8日、福岡市の博多駅前で起きた大規模な陥没について、原因究明などを行う国の第三者委員会の初会合が開かれた。委員会は、年明けにも事故原因を特定し、再発防止策を福岡市に提言する予定。

29日朝、第三者委員会のメンバーは博多駅前の陥没現場を視察した。委員会は、福岡市の要請を受け国土交通省が設置したもので、トンネル工事や地質などの専門家12人で構成されている。

福岡市内で開かれた初会合で、陥没の原因とみられている地下鉄工事を行う大成建設や福岡市の担当者から工事の内容や事故の概要について聞き取りが行われた。また、事故の原因を詳しく調べるため、「トンネル上部の地層」や「施工の手順」などについて追加資料を提出するよう福岡市に求めた。

第三者委員会・西村和夫委員長「大きな事故というのは、単純に一つの原因で起きるというのはまずない。何か原因が重なって落ちてしまうというのが一般的(な見方)。できるだけ早く(報告を)まとめたいと思う」

委員会では、年明けにも2回目の会合を東京で開き、3回目で中間報告をとりまとめて事故の原因を特定し、再発防止策を福岡市に提言する予定。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メタルバンドのドラマー逮捕、大麻所持の疑い
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
ノロなどの感染性胃腸炎患者 10年で2番
「バーンと爆発」80歳運転の車が住宅に突っ込む
USJ到着後 客乗せ待機中のバスから出火
  • このエントリーをはてなブックマークに追加