羽田美智子 始球式ノーバン狙いも...「笑ってくれたんで、緊張が解けたかな」

羽田美智子 始球式ノーバン狙いも...「笑ってくれたんで、緊張が解けたかな」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/26

◇セ・リーグ ヤクルト―阪神(2019年8月25日 神宮)

No image

<ヤ・神>始球式を行った女優・羽田美智子(撮影・村上 大輔)

試合前の始球式で女優の羽田美智子がマウンドに上がった。

自身が出演するドラマ「特捜9」と9人でやる野球にちなんで、背番号「9」のヤクルトユニホーム姿で登場。投球は阪神・近本のバットが届かない一塁側に大きく逸れてしまったが、華やかな雰囲気で球場を盛り上げた。

「本当はノーバウンドでストライクを狙っていたんですけど。でも。あーって笑ってくれたんで、試合前のみなさんの緊張が解けたかな」

この日はヤクルトの応援歌「東京音頭」の作曲家である中山晋平の故郷である長野県中野市「信州なかのナイター」として行われた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム10度目の完封負け シーズン勝ち越し消滅
佐々岡コーチ 床田に「最後にああいうことをしたら、それまでが全くなくなる」
広島 サヨナラ負けで4連覇の可能性消滅 FA移籍・丸の穴埋めきれず
巨人・宮本コーチの“無責任発言”に批判噴出! 菅野抹消、二転三転する態度に「ズムサタに帰れ」の声
広島、ついに4年ぶりV逸決定 残り3戦全勝でも巨人に及ばず どん底から2度V字回復も...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加