パナソニック、従来型比600倍のコントラストを実現する液晶パネルを開発

パナソニック、従来型比600倍のコントラストを実現する液晶パネルを開発

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

パナソニック液晶ディスプレイは、従来型液晶の600倍のコントラスト、100万対1以上を実現する新型IPS液晶パネルを開発した。

広視野角、高輝度、高信頼性が特長のパナソニック独自のIPS液晶技術をベースに、画素ごとにバックライト光量を制御できる調光セルを内蔵することで、コントラスト100万対1以上の高コントラストの実現に成功した。これによって眩い光から漆黒の黒まで忠実で高品位な映像表示が可能となる。

最大輝度1000cd/平方メートルで安定動作が可能なほか、既存の液晶パネル製造設備で製造できる。

浮きがなく明瞭な視認性が求められる車載用モニターや、忠実な映像表示が求められる医療モニター用途に適している。

2017年1月からサンプル出荷する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大量のカードや通帳は専用レザーケースで管理
アマゾンの新型Echoは7インチのタッチスクリーン搭載!
カシオ、あえて190万画素しかないビデオカメラ開発―その理由は夜も撮影できる高感度
ペン先の細さ、わずか1.9mm!ワコムがペアリング不要のスタイラス発売
MacとLinuxが増加、XPも増加 - 11月OSシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加