最新ランキングをチェックしよう
ソフトバンクのウーバー出資、低い評価額が壁か

ソフトバンクのウーバー出資、低い評価額が壁か

  • WSJ日本版
  • 更新日:2017/09/15

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの経営に関与できるだけの同社株を取得しようとするソフトバンクグループの取り組みが実を結ぼうとしている。ただ、大幅な値引きでの株式売却に二の足を踏む株主もいる。
 複数の関係者によると、ウーバー取締役会は数週間に及ぶ協議を経て、ここ数日はソフトバンク主導の投資計画への対応を詰める作業に入っている。合計で最大100億ドル(約1兆1000億円)の出資を受け入れる

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
日本ブランドを手に入れ続ける中国企業、他にどんな企業を買収?―中国メディア
冬場のクルマに関する困り事TOP3
ソニーモバイルとシャープの携帯電話シェアが激変した理由
赤字のメガネスーパーを復活させた「プロ社長」の経営者人生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加