ヤクルト・ドラ1村上、捕手から三塁手転向プラン

ヤクルト・ドラ1村上、捕手から三塁手転向プラン

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

ヤクルト・ドラフト1位の九州学院・村上宗隆(2017年10月27日撮影)

ヤクルト・ドラフト1位の九州学院・村上宗隆捕手(17)に三塁転向プランが浮上した。

もともと一、三塁手の経験があり、投手をリードする捕手より守備の負担を少なくする狙いがある。ドラフト指名時にも小川監督は「守備より打つ方の評価が高い」と話しており、高校通算52本塁打の打撃力を最大限に生かしたい思いがある。今日12日に仮契約を行い、育成方針を決める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
約半年のトレーニングで、だーりおが変わった4つのこと!【#モアチャレ 内田理央の「キックボクシング」チャレンジ!】
阪神新社長が金本監督との緊急会談を要請、「酒席議論」で敗因のなすり合いか
プロ野球関係者絶句...元阪神・一二三慎太選手逮捕の衝撃
松崎しげる 西武球団歌「地平を駈ける獅子を見た」40周年バージョン初生披露
投手がつけることの多い「34」 野手の番号になる日がくる!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加