大谷、打撃に手応えも投球練習には慎重「反応見ながら上げる」

大谷、打撃に手応えも投球練習には慎重「反応見ながら上げる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

日本ハム・大谷は先月12日に右足首の手術を受けてから1カ月が経過したこの日、千葉・鎌ケ谷の室内施設でティー打撃を再開した。手術後初めての打撃練習に大谷は「そんなに(強くは)振っていないが打撃はもともと(患部に)負荷がかかっていない。これからどんどん上がってくるんじゃないかと思う」と明るい表情だった。

No image

フォームを確認しながら打撃練習を行った大谷

投球練習に関しては「また炎症が起きるのはよくない。(患部の)反応を見ながらできるところまで上げていく」と慎重に話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
元阪神の一二三慎太選手 女性への暴行容疑で逮捕 今月中旬、沖縄で共犯男性2人も
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
ロッテ田中引退、就活し入団時蹴った三井物産再内定
元プロ野球選手のセカンドキャリアを支援、国学院大が特別入試を実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加