木幡育が禁止薬物使用で騎乗停止処分 利尿剤「フロセミド」が検出

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15

今年3月にデビューした木幡育也騎手(18)=美浦・藤沢和=が、禁止薬物の使用により、14日から10月13日まで1カ月間の騎乗停止処分となった。

ドーピング検査は10日の中山競馬場で実施されたが、13日に同騎手から対象薬物として指定されている利尿剤「フロセミド」が検出された。JRAは同日夜に当人から使用を確認。裁決委員の権限で処分された。JRAの事情聴取に、木幡育は「落馬によるケガで、むくみが取れないために母親からもらったものを使用。常用はなかった」と話したというが、検査前の申告がなかったことを重視した。

ドーピング検査は、騎手の健康維持を第一前提として15年から定期的に行っている。禁止薬物の使用で騎手が処分されたのは、16年2月のルイス・コントレラス以来2例目。この時は麻薬の一種である「オキシコドン」が検出された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
安室引退にタレント思い綴る イモトの評価が高く木下優樹菜に厳しい反応
【鼻血ブー】イスラエルの軍人さん色っぽすぎィィイイイ! 必殺技「悩殺」だけで将軍まで上り詰めるレベル!!
誰にも言えない!女子が赤裸々告白「ひとりエッチの体験談」3つ
香取慎吾「スマステ」最終回で感極まる 終了を知った心境、「新しい地図」の意味...本音を明かす
iPhoneの写真&ビデオのサイズが半分で済むってホント?容量逼迫している人に朗報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加