小林幸子『小林幸子田』で小学生と脱穀作業、紅白「期待していて」

小林幸子『小林幸子田』で小学生と脱穀作業、紅白「期待していて」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/13

新潟市出身の歌手、小林幸子(63)が12日、2004年の新潟県中越地震で被災した長岡市山古志地域(旧・山古志村)にある「小林幸子田」で収穫した稲の脱穀作業を、地元の小学生23人と行った。

06年から復興支援のための稲作りを始めた小林は、震災時に山古志村の村長だった元自民党衆議院議員・長島忠美さんが今年8月に66歳で急逝したことを受け、田んぼを前に黙祷(もくとう)。「『幸子田』は長島さんから譲り受けたもの。これからも続けていきたい」と誓った。

12月6日に新曲「存在証明」を発売。再びNHK紅白歌合戦出場で存在証明したい?との質問に「期待していてください」と意気込んだ。

No image

「小林幸子田」で収穫した稲の脱穀作業を、地元の小学生と行った小林幸子=新潟・長岡市

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
ベッキー、「当然のような態度」でアンガ田中との交際を拒絶して批判殺到!
浅田真央さんの交際報道に広瀬気象予報士「許せない。許さない」 涙が出そうに...
高橋克典、断食で11キロダイエットに成功「ほうれい線も消えた」
辻希美、凄腕の料理を披露するも「まさかのミス」で批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加