阿武咲が日馬富士撃破「落ちない自信あった」

阿武咲が日馬富士撃破「落ちない自信あった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

横綱日馬富士を下し支度部屋で報道陣の質問に応じる阿武咲(撮影・菊川光一)

<大相撲九州場所>◇初日◇12日◇福岡国際センター

新小結の阿武咲(21=阿武松)が、横綱日馬富士を破って白星発進した。

立ち合いから頭をつけて押し込み、一瞬の隙を突いてはたき込み。前のめりになった相手に手をつかせた。「しっかりと当たることを考えた。滑って流れたけど、落ちない自信はあった。しっかりと見えていたし、相手の手がつくのが見えた」と、勝利の瞬間を振り返った。

今場所から締め込みの色を、従来のエンジから「初心を忘れないように」と紺に変えた。地味な黒まわしで関取を目指していたころの気持ちと、落ち着いた取り口を目指して、新三役の今場所を節目と考えた

。初日は土俵入り前に協会あいさつで会場に姿を見せるなど、これまでとは違う流れになったが「引き締まった。緊張はなかった」と、初めて経験する初日の結びの一番にも動揺はなかった。

2日目は再び横綱との対戦が待つ。稀勢の里との初顔合わせとなるが「楽しみです。勝ち負けどうこうの前に、明日(2日目)の自分のやるべきことに集中したい」と、無心で挑むつもりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横綱・日馬富士の暴行問題が「派閥争い」に進展! モンゴル力士“一斉廃業”の可能性も!?
高安が休場=大相撲九州場所
やく氏、日馬富士より「白鵬の出場停止が先だろう」アピールを問題視
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
白鵬 ファンに謝罪“抗議行動”に至った理由も明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加