日本ハムが2001年以来、16年ぶりの借金32 大谷は連続試合安打が「11」でストップ

日本ハムが2001年以来、16年ぶりの借金32 大谷は連続試合安打が「11」でストップ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

日本ハムは12日、ソフトバンク19回戦(ヤフオクドーム)で0-1で敗れ、今季14度目の零封負け。7度目の5連敗で2001年9月21日以来、16年ぶりの借金32となった。

ソフトバンク先発の千賀に7回5安打無得点と抑えられ、これで今季6戦全敗。7回1失点と粘投した先発・上沢を打線が援護できなかった。

7試合連続の「4番・DH」で出場した大谷も4打数無安打3三振と沈黙し、連続試合安打が「11」でストップ。「打ちたかったんですけど、なかなか…」と言葉少なで、栗山監督も「1点が重くなるというのは、イメージ通りなので、何とか勝たせてあげられないのは、本当に申し訳ない」と語った。

No image

8回、三振に倒れる日本ハム・大谷=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
32年ぶり最多本塁打記録更新の広陵・中村奨成は名実共に清原氏を超えたのか
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
オリックス・西が左手首骨折 打球直撃で4週間の固定が必要の診断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加