散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない!

散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない!

  • カラパイア
  • 更新日:2019/08/12

オランダ、ベベルウェイクからの映像である。1歳の柴犬、シェルビーがお散歩から帰ってくるのを誰よりも待っていたのは、生後10週の子猫シンバだ。

玄関先で今か今かと待ち構えていたようで、柴犬が家に入ってくるとその隣から離れない。やさしい柴犬は、いそいで部屋の方へと移動するが、その時もずっと横を走っていく。

【他の記事を見る】犬派とか猫派とか、そんな垣根いらないっしょ。だって犬と猫、こんなに仲良しなんだもの

Best Friend Returns from Walk to Play || ViralHog

「ずっと待ってたんだから~、これからいっぱい一緒に遊ぶんだから~」てな雰囲気を漂わせている子猫のシンバの気持ちをしっかりと理解しているかのようにみえる柴犬のシェルビー。

部屋に向かって廊下を走る。
その横にぴったりと寄り添うように子猫のシンバも一緒に走る。

No image

さあ、部屋についた!ここからはずっとシンバのタ~ン!
ソファの上でシェルビーに抱きつきじゃれつきを繰り返すシンバ

No image

子猫なので手加減をしらないそのじゃれつきは、耳を噛んだり腕を噛んだり、首根っこ噛んだりと激し目なんだけど、シェルビーは怒ることなくそれに付き合ってあげている。

No image

まだまだ遊びたいさかりのシンバ、お留守番していたシンバのことを気遣ってあげるようにも見えるね。とにかくシェルビーとシンバが良い関係を築き上げているのは確かなようだ。

・あわせて読みたい→優しい世界:落雷に怯えている猫を必死に守ろうとする犬の姿に世界が感動

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
梅雨明けの翌日、ひまわり畑へ マルチーズ「くーた」も笑顔満開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加