東芝、「限定付き適正」で16年度決算発表

東芝、「限定付き適正」で16年度決算発表

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/08/10
No image

東芝は8月10日、提出期限から1カ月以上遅れて2016年度の有価証券報告書(有報)を提出した。16年度の連結決算は売上高が4兆8708億円、営業利益が2255億円、最終損益が9657億円の赤字だった。

東芝の本社ビル

ただ、監査を担ったPwCあらた有限責任監査法人は、有報について「限定付き適正」との監査意見を表明している。

No image

東芝の2016年度の連結決算

東芝が併せて発表した17年度第1四半期(4〜6月)の連結決算は、売上高が前年同期比8.2%増の1兆1436億円、営業損益が492.8%増の966億9000万円の黒字、純損益が36.9%減の503億2600万円の黒字だった。

No image

2017年度第1四半期(4〜6月)の連結決算

スマホ需要の高まりなどにより、主力のストレージ&デバイスソリューションの売上高が22.8%増の4564億円、営業利益は333.3%増の1043億円と好調だったことが影響した。

17年6月末現在の債務超過額は5043億円で、16年度末から486億円減少した。

東芝は、16年度決算の開示が遅れた理由について「連結子会社であったWECグループに関する調査手続きに時間を要したため」と説明。「今後の決算の開示については、決算期末後45日以内に実施するよう取り組んでいく」としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
KEN OKUYAMA、「Kode ゼロ」発表...700馬力のスーパーカーは1台限り
「そんな働き方では人間のクズになる」―ランドセルメーカー・協和が『日本でいちばん大切にしたい会社』である理由
トヨタはここまでやる 「働き方改革」で加速
死ぬまで働く以外に道はないのか? 最底辺に墜ちた日本人の老後
  • このエントリーをはてなブックマークに追加