W杯アフリカ予選、出場5カ国が決定 連続出場はナイジェリアのみの波乱含みの結果

W杯アフリカ予選、出場5カ国が決定 連続出場はナイジェリアのみの波乱含みの結果

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/12
No image

チュニジアが3大会ぶりの出場、ナイジェリアはアフリカ勢で唯一の連続出場国に

ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を争うアフリカ予選は、出場5カ国が全て決定。2014年のブラジル大会に続いて連続出場となる国はナイジェリアのみとなった。

グループAは2004年にアフリカ選手権を制し、過去4度のW杯出場経験があるチュニジアが2006年ドイツ大会以来3大会ぶりの出場権を手にした。2位コンゴ民主共和国との熾烈なデッドヒートとなったが、最後は勝ち点1差で逃げ切った。2002年日韓大会では日本と同グループで、2-0と日本が勝利。過去4度の出場は全てグループリーグ敗退に終わっている。

グループBは、ナイジェリア、ザンビア、カメルーンという直近の4大会でアフリカ選手権を制している3カ国と、バヒド・ハリルホジッチ監督(現・日本代表監督)が率いてブラジルW杯ベスト16のアルジェリアが同居する“死の組”だった。しかし、蓋を開けてみれば、アルジェリアは1勝も挙げられず、カメルーンも引き分けが4試合と勝ち切れない試合が続いた。その中で4勝2分と無敗をキープしたナイジェリアが2位ザンビアに勝点6差をつける独走で3大会連続6回目の出場を決め、アフリカ勢で唯一の連続出場国となった。

グループCは現地時間11日の最終節で首位モロッコと2位コートジボワールが直接対決。引き分け以上でロシア行きを確定するモロッコは3大会連続出場中と常連になっていたコートジボワールを2-0で撃破し、1998年以来5大会ぶり5回目の出場を決めた。ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンのいるガボンやマリのW初出場は叶わなかった。

エジプトが7大会ぶりの大舞台へ

残る二つのグループは最終節が未消化だが、すでに1位チームの出場が決定している。グループD組では10日のゲームで南アフリカを下したセネガルが2位ブルキナファソとの勝ち点差を5としたため出場が決定。日韓大会で初出場ながらベスト8と躍進したセネガルが2度目の出場権を勝ち獲った。

グループEもアフリカ選手権で史上最多の7回優勝を誇るエジプトが1990年大会以来3度目の出場を決めた。実に7大会ぶりの大舞台となるが、現時点でロシア行きを決めている国の中で初出場を除けば最も長いブランクを経ての出場となるとなる。ここではベスト8経験のあるガーナが敗退となった。

アフリカ予選は全54カ国が参戦し、一次予選と二次予選で振るいがかけられた後に20チームによる三次予選へ。5グループの中から首位チームのみが予選突破という過酷な争いが繰り広げられた。三次予選スタート時のFIFAランキングが高く、シード権上位3カ国だったアルジェリア、コートジボワール、ガーナが揃って敗退。下馬評のそれほど高くなかったモロッコが出場権を獲得するなど、波乱含みの展開となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本黒星発進、一時逆転も富樫「勝ちきれなかった」
来年4月のアジア杯見据えたヨルダン遠征、なでしこJは復活岩渕2発でヨルダンに勝利
岡田武史氏「スゴイ」本田圭佑のポジティブさに感心
南アでのPK失敗から7年...数多の修羅場経た駒野友一。福岡のJ1昇格めざしPOへ【谷間の世代と呼ばれて】
浦和長沢、ケルン仕込みの強さでアジア王者つかむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加