太田光が常識に真っ向から切り込む書籍「違和感」爆笑問題30周年を記念し刊行

  • ナタリー
  • 更新日:2018/04/18

爆笑問題・太田光の書籍「違和感」(扶桑社)が4月20日に発売される。

No image

書籍「違和感」の表紙。

これは爆笑問題の結成30周年を記念して刊行される書籍。世の中の人々が「そういうものだろう」と深く考えずに受け入れている“常識”を、太田が「本当にそうなのか?」と考え直し、切り込んでいく。

トピックはテレビ、笑い、人間関係、戦争、憲法9条、古典、死生観などさまざま。「『いじめ』と『いじり』は違うというが、俺はまったく同じだと思っている」「どうせ引きこもるなら矢印を自分に向けて、孤独を感じたほうがいい」など、太田独自の考えがたっぷりと語られる1冊をぜひチェックしてみよう。

※記事初出時、発売日に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TOKIO山口達也もやっぱり「ZIP!の呪い」か ココリコ田中にMAKIDAI、MCが次々と...
山口達也、離婚会見でも触れた「酒」問題 アルコールめぐるゴシップも
【悲報】山口達也の書類送検を受けネットの一部では「女子高生の特定」が始まったもよう / 落ち着け、犯人は山口達也なんだ
TOKIO山口達也、日本テレビも出演見送り 「ZIP!」ほかレギュラー多数
  • このエントリーをはてなブックマークに追加