【胸アツ】地球生命を宇宙全体にバラ撒く「ノアの卵舟」をノーベル賞候補が提言! “逆パンスペルミア”計画の具体例ついに登場!

【胸アツ】地球生命を宇宙全体にバラ撒く「ノアの卵舟」をノーベル賞候補が提言! “逆パンスペルミア”計画の具体例ついに登場!

  • TOCANA
  • 更新日:2018/05/24
No image

生命の「卵」をばらまいて、地球の生命を宇宙に広めよう――高名な科学者の発言が話題を呼んでいる。いずれ人類が宇宙に植民地を築く足がかりとして、先遣隊として地球の生命を積み込んだ「ノアの卵舟(The Noah's Ark Egg)」を送り込もうというのだ。海外オカルトサイト「Mysterious Universe」が伝えている。

画像は「Thinkstock」より引用

■ノアの卵舟とは?

宇宙に生命の卵をばら撒こうと提言しているのは、高名な宇宙物理学者フリーマン・ダイソン氏である。今月9日、ダイソン氏は作家のニール・スティーヴンスン氏と米国シアトルで対談を行い、その中でノアの方舟のように地球の生命を積み込み、地球外の惑星に生命を芽吹かせる「卵」のアイデアを披露した。

フリーマン・ダイソン氏は数学、物理学、量子力学など幅広いフィールドで活躍してノーベル賞候補の一角とされた一方で、恒星を人工の殻で覆ってエネルギーを利用する「ダイソン球」や彗星を覆う遺伝子改変植物「ダイソンツリー」、彗星や惑星の物質を餌に進む生きた宇宙船「アストロチキン」など、魅力的なアイデアを多数披露してきた奇才である。94歳という高齢ながら、現在も著作を発表したりトークショーに出演したりと精力的に活動している。

No image

フリーマン・ダイソン氏 画像は「Mysterious Universe」より引用

では、今回提案された「ノアの卵舟」とはどのようなものなのか? ダイソン氏は、微生物から植物、動物まで地球上のさまざまな生物の種子や胚を詰め込んだ、直径数kmもの巨大なダチョウの卵のようなものと説明している。「卵」はロボットや人工知能などあらゆるテクノロジーを駆使して作られており、送り込まれた先の惑星で生命が栄えるようにプログラミングされている。

ダイソン氏は実際に「卵」を作るにはあと100年はかかり、打ち上げまでには数百万ドルの費用がかかると見ているが、生きた人間を生存のための膨大な物資とともに1000人送り込むコストに比べれば遥かにやすいものだと話す。この「卵」は、いわゆるテラフォーミング(人類が住めるよう惑星を人為的改造すること)のためのパッケージであり、その惑星の住環境が整ったところで地球からの植民を開始するのだ。

No image

画像は「Mysterious Universe」より引用

■逆パンスペルミア

地球上の生命はもともと宇宙からやってきたという「パンスペルミア説」を逆手に取ったような「逆パンスペルミア計画」ともいえる壮大なアイデアであるが、以前トカナでも紹介したような死体を送り込むアイデアよりも洗練されており、賛同しやすいのは確かだ。それにもし、人類が宇宙進出の夢を叶える前に絶滅してしまったとしても、「卵」によって広い宇宙のあちこちに地球由来の生命が栄えたとしたら、それはそれで人類が生きた証が宇宙に残るようで心が踊る。

一方で、「ノアの卵舟」について見ていると、ある考えがどうしても頭をよぎってしまう。もしも、太古の地球に別の惑星から「卵」が送り込まれていたとしたら……と。ことによると、数十億年の時を超えて、我々は同じことを繰り返そうとしているだけなのかもしれない。

動画は「YouTube」より引用

(編集部)

参考:「Mysterious Universe」、「Town Hall Seattle」、ほか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恐竜絶滅から10年で生まれた「新たな生命」の痕跡
火星探査車キュリオシティ「私ハ無事デス」史上最悪の砂嵐 撮影に成功(動画)
アトピーの最新治療、健康な皮膚の「常在菌」を移植
【ガチ】「ブラックホールは存在しない可能性」研究で判明! むしろ時空をショートカットするワームホールだった!?=ベルギー
人類の火星移住で酸素の供給源として活躍するかもしれないバクテリアが発見される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加